読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Eric Johnson 「EJ」

こんにちは!かな子です。

急性扁桃炎のお薬は継続して飲んでるのですが、どうも合わないらしくて手足が痒くて痒くて困ってます。
まあ掻きむしりながら今晩の分で全部飲み終わるのですけど(笑)
もっとはやくこの痒さの原因に気づくべきでした・・。

Eric Johnson 「EJ」

今回かな子が無断で持ってきたお父さんのCDは、エリック・ジョンソンの「EJ」です!新譜です! 

EJ

EJ

  • アーティスト: エリック・ジョンソン
  • 出版社/メーカー: KingRecords:セブンシーズ
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

エリック・ジョンソンってギター上手いですよね!技術面はもとより、トーンがとても綺麗です。でも曲はそんなに良い曲無いような・・(個人的見解です)

かな子も知ってますよ、その時の音の響きを重視して凄いストレッチのコード使ったり、ボードの板の方向とか表裏にこだわったりとか(笑)

最近はそこまで偏執的なことは辞めたと聞きますが(笑)その努力とこだわりを楽曲に向けて良いアルバムを作って欲しいところです!
 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Mrs. Robinson
02. Water Under The Bridge
03. Wonder
04. Wrapped In A Cloud
05. Once Upon A Time In Texas
06. One Rainy Wish
07. Serinidad
08. Fatherly Downs
09. The World Is Waiting For The Sunrise
10. November
11. All Things You Are
12. Scarborough Fair
13. Song For Irene

  • 01:いきなりサイモン&ガーファンクルのカバーですね!「アコギも上手いわー!」って思ってたら曲が終わってました。でもギターの音色はちょっと硬くてバリバリした音かなあ?
  • 02:「お?ピアノだ?普通にいい曲だ?」って思っちゃいました。こういうのはエリック・ジョンソンでは珍しいかな(笑)(ごめんね)


    Eric Johnson - Water Under The Bridge (EJ) 2016

  • 03:ボーカルのリバーブがなんか変なような?何か狙いがあるのかな・・
  • 04:ピアノの音が細くて硬い気がしてちょっと微妙かもです。ほんのすこーしだけ合いの手的なコーラスが入るのですが微妙にユーモラスです(笑)


    Eric Johnson - Wrapped In A Cloud - EJ (2016)

  • 05:これは上手いですねー。さすがです。この曲だけだと、わりとジョン・フェイヒー先生系譜の白人ギターインストアルバムみたいな感じですね!いっそアコギだけのインストアルバムにしてたら良かったのに・・(個人的見解です)


    Eric Johnson - Once Upon A Time In Texas (EJ) 2016

  • 06:これはジミ・ヘンドリクスの曲ですね!でも毒が抜けた当たり障りがない感じの曲になってて、かな子は原曲のほうが良いです・・(個人的見解です)
  • 07:スパニッシュ風でしょうかね。01曲目のギターの音色とは随分違いますね。かな子はこっちのほうが断然良いと思います! 
  • 08:またボーカルによくわからないエフェクトがかかってますよね・・。 
  • 09:派手なイントロから始まるカバー曲です!かな子こういう曲好きですねー。楽しいし、ちょっとブラインド・ブレイクみたいです!
  • 10:これはかな子のイメージする典型的なエリック・ジョンソンの曲ですねー。綺麗だし、よく考えて作られてるし、つまらないし、歌は微妙(笑)
    この人はこういうのをどうにかすべきだと思うのです。
  • 11:01曲目以降消えていたギターの音が・・。キラキラというかプレゼンス高め? 
  • 12:エリック・ジョンソンはこのアルバムを作ったとき、サイモン&ガーファンクルがマイブームだったのでしょうか・・
  • 13:最後はインスト曲です。これは良いですね。やっぱりアルバム通してこういう感じでやるべきだったのでは・・

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain 

Eric Johnson 「Europe Live」 

かな子的にはエリック・ジョンソンはライヴ盤のほうが好きかもしれないですねー。このアルバムも「わあ、ライヴでこの音出てるのか!」「わあ、このバンドって 3人だよね?」とか思って聴いてると、曲のつまらなさも忘れます(笑)
たぶん、録音時期的には偏執的な機材のこだわりとは決別した(あくまでも本人基準だと思いますが(笑))頃のものですかね?十分良いトーンだと思います! 

ヨーロッパ・ライヴ

ヨーロッパ・ライヴ