読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Jimi Hendrix 「Machine Gun: The Fillmore East First Show」

こんにちは!かな子です。

シュシュが欲しかったから駅まで探しに行ったのですが、あまりピンとくるものが見つからなかったのでとりあえず諦めました・・(笑)
ネットで探してみようかなって思ってます (#^^#)

Jimi Hendrix 「Machine Gun: The Fillmore East First Show」

次はお歌です。
今回かな子が拝借したお父さんのCDは、ジミ・ヘンドリクスの「マシン・ガン ザ・フィルモア・イースト・ファースト・ショー 1969年12月31日」です! 

マシン・ガン ザ・フィルモア・イースト・ファースト・ショー 1969年12月31日

マシン・ガン ザ・フィルモア・イースト・ファースト・ショー 1969年12月31日

 

このライヴのメンバーは、ジミ・ヘンドリックス、バディ・マイルス(Dr)、ビリー・コックス(B)の3名ですね。そしてまた 3人と思えない音を出しているという(笑)

ヘンドリクスについては研究を始めるとキリが無い感じで、どんどん新しい発見がありますよね・・。
なので細かい分析はかな子より耳や頭の良い人たちがすると思うので、かな子はいつも通りなんとなくの感想に留めておきますね(笑)

1つだけ、分析ついでに取り上げると、この本はわりとお勧めできますよ!
英語ってのがアレですけど、コード進行や曲の構成、スケール、似た構成の曲の紹介など、勉強になりました。

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Power of Soul
02. Lover Man
03. Hear My Train A Comin'
04. Changes
05. Izabella
06. Machine Gun
07. Stop
08. Ezy Ryder
09. Bleeding Heart
10. Earth Blues
11. Burning Desire

  • 02:これってたぶん「Live In Monterey」でも演ってた "Rock Me Baby" の焼き直しですね(笑)
  • 03:ブルースにおいて列車というのは重要なモチーフですよね。時代的なものもあるんでしょうかね?もし現代ならブルースマンもインターネットの歌でも作ったでしょうかね(笑)


    Jimi Hendrix - Hear My Train A Comin' - Santa Clara 1969

  • 04:この曲ってなんか Martha & The Vandellas の "Dancing In The Street" に似てませんかね・・。
  • 06:5:27辺りのギターの悲鳴がかっこいいですね!あと他メンバーがコーラスが頑張ってる感じしますね(笑)


    Jimi Hendrix - Machine Gun

  • 07:サビのキメをもっといい感じでやれればもっと良かったかもしれないですね・・あまり練りこまれてない時期の録音なんでしょうかね?
  • 09:ヘンドリクスはスローなブルース演っても凄くかっこいいですよね! 5:30 辺りの音が特にかっこいいです。
  • 10:イントロがヘンドリクス必殺パターンのバリエーションですね。かっこいいです!
  • 11:まだ練りこまれてないのか、意図的なのか、不思議な展開の曲になってますね・・。この後発展したんでしょうかね?

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain

Jimi Hendrix 「Live In Monterey」 

これはたしかアメリカに帰って最初のライヴですよね。 
かな子的にはなんといってもその 1曲目が最高です。
いかにもヘンドリクスなコード・カッティングから始まって、ソロではファズフェイスを踏んでブースト、曲の終わりにハンマリング/プリングしながらのアーミング、最後にフィードバックノイズ!完璧です。何度聴いてもかっこ良すぎです。 

Live in Monterey

Live in Monterey