読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Juliana Hatfield 「Only Everything」

こんにちは!かな子です。

コンビニで 700円毎にくじ引きできるみたいで、
スイーツと飲み物買ってくじ引いたら、アイスが当たりました (*^^*)
でも寒いよ!
かな子冬でもアイス食べるから全然いいんですけどね・・。

Juliana Hatfield 「Only Everything」

今回かな子がお父さんのCD棚から持ち出したのは、ジュリアナ・ハットフィールドの「Only Everything」です! ジャケットもかわいいですね  (*´∀`*)

Only Everything [Explicit]

Only Everything [Explicit]

 

ジュリアナ・ハットフィールドってポップな曲を作ってかわいい声で歌う人、くらいの認識だったんですが、誤りだったようです・・ :(;゙゚'ω゚'):
なんですかこの恐ろしいアルバムは!
全部軽く名曲なものですから、平均以上の出来でも駄曲感がするという、そんな感じでした (*^^*)

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01 What a Life
02 Fleur de Lys
03 Universal Heart-Beat
04 Dumb Fun
05 Live on Tomorrow
06 Dying Proof
07 Bottles and Flowers
08 Outsider
09 OK OK
10 Congratulations
11 Hang Down from Heaven
12 My Darling
13 Simplicity Is Beautiful
14 You Blues

  • 01:疾走感、フィードバック・ノイズ、可愛い声、咳(笑)。適度にポップで適度にロックで、丁度いい感じの混合物って感じです!
  • 02:「ベースの音ちょうだい」って声はわりと普通というか、ロリボイスってわけじゃないんですね(笑)歌詞はフランス語で曲はとてもキャッチー (*´∀`*)
  • 03:この鍵盤はエレピを加工してるのでしょうかね?サビでガツンとくるのはこの時代のグランジ的な曲調なんですかね。この曲も凄くキャッチーです!
  • 04:這うベースに歪んだギター・・ 3曲目もそうですが、こういうパターン多いのは時代的なものなんでしょうか?
  • 05:穏やかな良曲です。1:20からのセルフ・コーラスが良いです (*´ェ`*)
  • 06:怠い感じの曲ですが、サビでちゃんとキャッチーになるのは流石という感じですねー (*´∀`*) でも 2:09 辺りからのブリッジ(?)はちょっと唐突な印象ですね・・。
  • 07:この曲も怠い系の曲ですね。4:28 辺りから出てくるシャウトなんだかシャウトじゃないのだか微妙な位置のボーカルがかわいいです (*^^*) でもこのアルバムの中ではちょっと駄曲気味だと思います・・(個人的見解です)
  • 08:ギターの歪み方が好みです。この曲も悪くはないけど、このアルバムの中ではちょっと駄曲気味だと思います・・(個人的見解です)
  • 09:このリフどこかで聴いたことあるような・・でもキャッチーでかわいいくて勢いのある曲で良いと思います!
  • 10:この曲はもっとヘヴィにできたけどしなかったって感じがしますね・・気がするだけなんで根拠は無いのですが (^_^;) 良い曲だと思います。
  • 11:わりとザクザクした音のリフとアコースティック・ギターの組み合わせの曲ですね。 2:27 辺りからの歌なしの部分のほうが好きです (`°ω°´)
  • 12:これは良い曲ですね!ひょっとするとこのアルバムで一番好きかもしれないですね (*´ェ`*)  シンプルで綺麗な曲だと思います!
  • 13:この曲のギター・ソロ、素晴らしくないですか?ポップでロックな曲書けて、歌声かわいくて、しかもこんなギター弾けるなんてずるいですね・・ :(;゙゚'ω゚'):
  • 14:アコースティック・ギターをそのまま歪んだギターに置き換えたような曲ですね(なに・・)。いい曲だと思います。最後までどの曲もキャッチーなのは変わらなかったのが凄いですね・・。

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain

The Juliana Hatfield Three 「Live on KEXP」

KEXPというアメリカ・シアトルのラジオ局が、フルのライヴを公開してました。
内容は 2015 年のスタジオ・ライヴのようですね。「Only Everything」が 1995 年のアルバムなので、さすがにちょっと声も年とっちゃったかな・・ってところがありますけど、かな子は楽しく観させてもらいました (*^^*) 


The Juliana Hatfield Three - Full Performance (Live on KEXP)