読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

V.A. 「The Many Faces Of King Crimson」(その 2)

こんにちは!かな子です。

最近はコンビニでジンジャエールのグミをよく買ってます。 
あの硬さちょうど良い感じですね (*´∀`*)
そして今気づいたのですが、かな子バイト代の結構な部分をお菓子に使ってるのですよね・・。これはいけませんよ・・いけませんね・・。 :(;゙゚'ω゚'):

 

V.A. 「The Many Faces Of King Crimson」

お歌の時間です。
今回も、かな子がお父さんのCD棚から持ち出したのは、「The Many Faces Of King Crimson」というオムニバスです!
今回は 2枚目の感想です! 1枚目はこちら、3枚目はこちらです!

Many Faces of King Crimson / V

Many Faces of King Crimson / V

 

残念ながら 1枚目はアレな内容でしたが、 2枚目は Giles & Fripp の音源ですからね!ここからが本編ですよ、たぶん(笑)

Giles & Fripp はキング・クリムゾンの前身になったバンドで、ジャイルズ兄弟が「ヴォーカルの取れるオルガン奏者」の募集広告を出したら歌えないギター弾きのロバート・フリップ先生が応募してきたという謎エピソードがありますね (`°ω°´)

ぬけぬけと応募してくるフリップ先生も変ですが結局採用するジャイルズ兄弟も変ですし、最終的にクリムゾンになるのも変です :(;゙゚'ω゚'): 絶対どこかに創作が挟まってますよね・・。 

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01 Giles & Fripp Feat.Ian Mcdonald – I Talk To The Wind
02 Giles & Fripp – Make It Today
03 Giles & Fripp Feat.Ian Mcdonald – Wonderland
04 Giles & Fripp – Suite N§ 1
05 Giles & Fripp – Newly-Weds
06 Giles & Fripp – Why Don`t You Just Drop In
07 Giles & Fripp – Erudite Eyes
08 Giles & Fripp – Scrivens
09 Giles & Fripp – She Is Loaded
10 Giles & Fripp – Digging My Lawn
11 Giles & Fripp – Tremelo Study In A-Major (Spanish Suite)
12 Giles & Fripp – Hypocrite

  • 01:"I Talk To The Wind(風に語りて)" ですね!クリムゾンの 1枚目に入ってたやつですが、このバージョンはあるまじき爽やかさですね(笑) "In The Court Of The Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)" に入ってるバージョンはあのアルバムのあのポジションだからあの感じなのであって、単体で取り出すとわりと爽やかな曲なのかもしれませんね・・。まあ歌詞は無限に虚しいですけどね (´・ω・`) 
  • 02:ギターとサックスで始まったと思ったらほぼ無関係なドラムで曲調が変わります。なんかとてもブリティッシュな感じの曲ですね。わりと普通に楽しげな曲ですけど、演奏が冗長な感じはしますね・・ (´・ω・`)
  • 03:この曲もなんだかブリティッシュ風味が濃いですねー。曲自体はまあ普通で良くも悪くもないって感じですが、変なスキャットが爆発してるのがなんなんだー。
  • 04:こういうの、フリップ先生昔からやってたんですね(笑)なんとなく "Fracture" 的なやつです。曲調が、ではなくて、クリーン・トーンで難しげなギターを弾くという意味でです。中盤からはなぜか音質も落ちて謎パートがあり、それが終わるとまた "Fracture" 的な何かが始まるという (`°ω°´) 
  • 05:いい感じのベースで始まる曲です。0:29 から曲調が変わりますが依然ベースは良いです。でも特に曲調をくるくる入れ替える意味も無い気もします・・。
  • 06:これビートルズの「The White Album(ホワイト・アルバム)」の "Why Don't We Do It In The Road?" を連想してしまいました(笑)特別似てるわけでもないのですが (*´∀`*) それよりこの曲、最終的に「Islands(アイランズ)」の "The Letters" になった曲ですね。随分変わるもんですねー (`°ω°´)
  • 07:ギター・ソロの音色が!トーンベンダーでしょうかね?この頃にはもうフリップ先生も使ってたのでしょうかね?
  • 08:普通です。ロック系の人がジャズっぽくやってみたけどうるさくなって失敗してる感じです(笑)
  • 09:これも微妙っちゃあ微妙な曲ですね(笑)そろそろネタ切れでクオリティが下がってきたかな・・という気もしないでもなく・・  ^^; 
  • 10:短い曲です。他は特にコメントもありません(笑)
  • 12:変な曲・・これは謎の曲ですね (´・ω・`) 何が狙いなのかさっぱりです(笑)

 

うーん、 2枚目は全然良かったですよ! 1枚目のクオリティがちょっとアレすぎたのではないでしょうか・・。
3枚目に続きます!