読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Black Dub 「Black Dub」

こんにちは!かな子です。

いつも使っている柔軟剤を、白のランドリンに変えてみました (*^^*)
いい匂いなのでお薦めです (๑>◡<๑)
あ、でも柔軟剤の匂い嫌いな人もいますよね。かな子のバイト先でも定期的に香水や柔軟剤の匂いの注意喚起があります・・。
今頃気づきましたが、バイト先で怒られないでしょうかね・・?

Black Dub 「Black Dub」

次はお歌のお時間です。
今回かな子おがお父さんのCD棚から拝借したのは、ブラック・ダブの「Black Dub」です!Black Dub はダニエル・ラノワを中心としたバンドですよ。

ブラック・ダブ

ブラック・ダブ

 

このバンド、ダニエル・ラノワがギターで、ドラムはかな子が大好きなブライアン・ブレイドです!
この 2人だけでも凄いことになりそうなのですが、ボーカルのトリクシー・ウィットレイはクリス・ウィットレイのお嬢さんですよ!

さらにこのアルバムの録音は、ワン・テイクのみのライヴ・セッションがメインだそうです・・。聴いていても明らかなオーバーダブってあんまり出てこないんですよねー。

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Love Lives
02. I Believe in You
03. Ring the Alarm
04. Last Time
05. Surely
06. Nomad
07. Slow Baby
08. Silverado
09. Canaan
10. Sing
11. Sirens

  • 02:このブワブワしてるベースの音も好きですよ。スネアは妙にカンカンしてるんだかしてないんだか、って感じなんですけど、たぶん存分にコントロールしてるんだなあ。


    Black Dub - "I Believe In You" Live Off The Floor

  • 03:ループとディレイの上物とリズム隊、歌とコーラスが加わり・・という感じの曲です。5:25から曲調が変わって、なんだかビートルズに似た曲あるような気がするのですが思い出せない・・。


    Black Dub - "Ring The Alarm" Live Off The Floor

  • 04:ギターが U2 のエッジっぽい感じ全開です(笑)さすがラノワの音ですね。真ん中の位置のソウルフルなボーカルの人、叫び過ぎかな(笑)曲の構成自体はとてもトラディショナルな印象を受けました (*^^*)
  • 05:やっぱりドラムが素晴らしいです (๑>◡<๑) こんなドラムと一緒だとトリクシーの歌は、まだまだ若いな・・という感じが目立ってしまいますね (´・ω・`)


    Black Dub - "Surely" Live Off The Floor

  • 06:ピアノとディレイが印象的な曲ですね。このアルバムの中ではわりと普通の曲ですが、ギター・ソロは最高レベルに良いです (`°ω°´)


    Black Dub - "Nomad" Live Off The Floor

  • 07:やはり思うのはドラムが素晴らしいということです・・。ドラムがいいだけで圧倒的に楽曲は底上げされますよね。とてもいいインストゥルメンタル曲だと 思います (*^^*)
  • 08:出だしはレゲエ風なところがありますけど、曲が進むにつれレゲエ的なリズムは消えます。0:59 からの、だっだだだだっ、っていうドラムが好きです (*^^*)


    Black Dub - "Silverado" Live Off The Floor

  • 09:ボーカルがトリクシーじゃなくてラノワなので一瞬何かと思います(笑)サウンドはディレイで飛ばしたギターにパッドが鳴るような、実にラノワっぽい感じです (*´∀`*)
  • 10:トリクシーのボーカルが戻ってきます。ラノワが歌っているパートもあります。ちょっとユーモラスな感じのコーラスとベースが素敵です!
  • 11:インストゥルメンタル曲です。深いリバーブがいい感じですね。フィードバックノイズのコントロールもかっこいいです (`°ω°´)

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain

Daniel Lanois 「For the Beauty of Wynona」 

For The Beauty Of Wynona

For The Beauty Of Wynona

 

とても印象的なジャケットの、ダニエル・ラノワのソロです。この写真、とても印象的なせいか、わりとあちこちで目にしますね。
中身は地味だけど、じわじわくるクオリティの作品です。