読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Pink Floyd 「The Early Years, 1967-1972, Cre/ation」(その 1)

こんにちは!かな子です。
今日は何故かネムネムな1日でした・・(・ω・`)
そしてスーパームーン見るには天気微妙かなー(・ω・`)
おっきなお月様見たかったー(・ω・`)・・・

 

Pink Floyd 「The Early Years, 1967-1972, Cre/ation」

今回かな子がお父さんのCD棚から持ち出したのは、ピンク・フロイドの「The Early Years, 1967-1972, Cre/ation」です! 
お父さん素早く輸入盤で買ったのはいいけどなんでボックス・セットのほうにしなかったのー!

2枚組なので、今回は 1枚目です! 2枚目はこちらです!

Cre/Ation - The Early Years 1967-1972

Cre/Ation - The Early Years 1967-1972

 

この 2枚組はピンク・フロイドの 27枚組(!?)のボックス・セットのハイライト盤、ということになってるらしいです・・。

今回改めて思ったのですが、ピンク・フロイドって曲の骨組み自体を聴くと普通にブリティッシュな感じだったりしますよね。初期の曲はとりわけそんな印象があります。


Pink Floyd - The Early Years 1965-1972

 


Pink Floyd - The Early Years 1965-1972 (Unboxing Video)

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Arnold Layne (Single)
02. See Emily Play (Single)
03. Matilda Mother (2010 remix)
04. Jugband Blues (2010 remix)
05. Paintbox (Single B Side)
06. Flaming (BBC Session, 25 Sept 1967)
07. In The Beechwoods (2010 mix)
08. Point Me At The Sky (Single)
09. Careful With That Axe, Eugene (Single B Side version)
10. Embryo (Harvest Records sampler ‘Picnic’)
11. Ummagumma Radio Ad (Capitol US)
12. Grantchester Meadows (BBC Session, 12 May 1969)
13. Cymbaline (BBC Session, 12 May 1969)
14. Interstellar Overdrive (Live, Paradiso, Amsterdam, Aug 1969)
15. Green Is The Colour (BBC Session, 12 May 1969)
16. Careful With That Axe, Eugene (BBC Session, 12 May 1969)

  • 01:改めて聴くと、やっぱりブリティッシュな感じありますよね。この曲もそうですが、ピンク・フロイドってオルガンが非常に重要なポジションで、聴くたびに「まさか後に解雇されるとは・・」って気持ちになります :(;゙゚'ω゚'):
  • 02:ブリティッシュな雰囲気を残しつつも不思議なまとめかたをした曲ですよね。初期フロイドの代表作の1つでしょうかね。中盤のふわふわと幻覚的なオルガンの音が最高です (*^^*)
  • 03:なんとなくちょっと The Who 的なメロディだなと思いました。やっぱり The Who もピンク・フロイドもイギリスのバンドで根っこは似てるのかな? ソロはオルガンですよね? どうやって録音したんだろう (`°ω°´)
  • 04:このジャリジャリしたギターの音は普通のギターでいいんでしょうか?色々加工してそうでかな子にはわからないです (´・ω・`) 1:05辺りからクラシカルなイギリス風です。
  • 05:この辺から結構その後のピンク・フロイドめいてきますね!ピアノの音がトイピアノっぽい音も出してます。この曲、たぶんドラムがもっとちゃんと録音されてれば、もっとかっこいい曲になったでしょうね・・ (ΦωΦ)
  • 06:BBCセッションの録音ですね。アナウンサーも言ってますがストレンジ・サウンドです(笑)ピアノの駆け上がるフレーズと、たまにコンコン言ってるパーカッションが気になります。
  • 07:冒頭から定期的に出てくるわんわんいってるシンセの音が素敵です (*´∀`*) 1:40 辺りから、一瞬急に明るくユーモラスな感じになりますが、すぐに壊れていく感じです。それもまたかっこいいです (*´∀`*)
  • 08:スライド・ギターで出してると思われる音が出てきますね。サビは若干ビートルズ風味でしょうかね。
  • 09:有名曲ですね。この曲辺りだと完全にピンク・フロイドになってますね。オルガンがまた怪しい雰囲気満載な感じでとても良いです。この曲ってライヴでもちゃんと叫んでますよね(笑)
  • 10:フルートの音はメロトロンらしいですね (*´∀`*) ある時期に演奏もやめてしまった曲らしくて、ブートのライヴ盤とかでは聴けるみたいです・・かな子は聴いたことないので判断できず・・。あとアヒルのおもちゃみたいな音は胎児からの連想なんでしょうかね(笑)
  • 11:謎のSEです。それだけです(笑)
  • 12:曲の最初に鳥の声だとピンク・フロイド、鈴の音だとフリー・ジャズ時代のジョン・コルトレーン、ゲームの音だとYMOでしょうかね・・。曲自体は普通のブリティッシュ・フォークって感じです (*^^*)


    Pink Floyd - Grantchester Meadows (Official Music Video)

  • 13:この曲もオルガンの音色が素敵です。ピンク・フロイドの曲の雰囲気って、かなりリチャード・ライトのオルガンによる部分があると思うんです (*´∀`*)
  • 14:インターステラー・オーバードライブ、この 1枚目のハイライトだと思うのですが、単にかな子が好きな曲だからというだけかもしれないです(笑)冒頭のわんわんした演奏から、じわじわとスローでヘヴィでもないインターステラー・オーバードライブになっていきますね。
  • 16:このバージョンはわりとおとなしめのインストゥルメンタル曲になってますねー。オルガンは通奏低音ならぬ通奏高音みたいです。BBCセッションですが音が悪いような?もともとこんな感じだったのでしょうかね。

 

 次回は 2枚目の感想です!