読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Howlin' Wolf 「Live And Cookin' at Alice's Revisited」

今回かな子です。
早く寝ると昼間の元気度が全然違うなあと実感です。早寝早起き大事ですね (ΦωΦ)
午後に自宅近くの小さな林の近くを通ったら、林の地面が一面黄色い落ち葉の絨毯みたいになってて素敵でした (`°ω°´)

 
 

Howlin' Wolf 「Live And Cookin' at Alice's Revisited」

お歌の時間です。
今回かな子が持ち出したお父さんのレコードは、 ハウリン・ウルフの「Live And Cookin' at Alice's Revisited」です!
貼った画像はダウンロード版ですが、お父さんのレコードのジャケットだと、もっとハウリン・ウルフの顔が全体にドヤァって写ってるのです・・。 

Live and Cookin' at Alice's Revisited

Live and Cookin' at Alice's Revisited

 

良い意味でも悪い意味でも、実にブルースのライヴ盤だなあという感じなので、好きな人はどうぞ!でもこれからブルース聴いてみたい人にはキツい曲もいくつかあります(笑)

あと、このライヴ、ギターがヒューバート・サムリンなんですよー。なんなんでしょうね。観たいですよね、そんなライヴ・・。


Spotify にはこのアルバムはありませんでしたけど、他のライヴ盤とかベスト盤とか結構ありました!
っていうか前に調べた時よりめっちゃ増えてるんですよ!招待制の頃って内容も絞ってたのかなあ?なんでそういうことするかなあ?ブログの記事、無駄になっちゃったよ・・(ΦωΦ)

 


Howlin' Wolf - Down In The Bottom (Live)

  

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01  When I Laid Down I Was Troubled
02  I Didn't Know
03  Mean Mistreater
04  I Had A Dream
05  Call Me The Wolf
06  Don't Laugh At Me
07  Just Passing By
08  Sittin' On Top Of The World
09  The Big House
10  Mr. Airplane Man

  • 01: 音出しの段階からこんなにかっこいいとか反則そのものです (๑>◡<๑) これでもっとドラムが聴こえてたら完璧だったのに ><
    ハウリン・ウルフ先生の声がまた唯一無二ですからね、この声と並んで立てる人がいるとしたら、キャプテン・ビーフハートだけじゃないですか (ΦωΦ)
  • 02:かな子はこういう当たり前のベース・ラインが好きですね。こういうのでたまにひらめきで崩したりされると「おっ」って思いますよね (*^^*)
  • 03:この曲は特にギター・ソロがかっこいいかな (`°ω°´) 全体的に右側から聴こえるギターがかっこいいのです!
  • 04:これまた冒頭のギターが堪らないですね!サックスも入ってきましたねー。ブルースハープも負けてませんねー。ミシシッピサクソフォンって言われるだけありますねー。やっぱりブルースは最高です (๑>◡<๑)
  • 05:これはブルース的ミニマルの世界というか、同じフレーズの繰り返し繰り返しで成り立つタイプの曲ですね。ブルースを分かってくるというか、慣れてくるとこういうのも普通に受け入れるのですけど、知らない人がいきなり入門でこういう曲聴いちゃうと「なんだこれ・・」ってなるタイプの曲でもありますよね・・ (ΦωΦ)
  • 06: この曲は普通です(笑)悪くないし、十分かっこいいのですけど、普通なので特にコメントも無いです (ΦωΦ)
  • 07:ピアノの伴奏がかっこよくて、サックスも良いです。そう思っているとハウリン・ウルフのいつもの歌声が出てきて、一気にハウリン・ウルフのブルースになります。やっぱり凄い声だなあ (*´∀`*)
  • 08:超有名曲ですね! クリームがカバーしたのはたぶんハウリン・ウルフのバージョンなのかなと思いますけど、元々は 1920年代くらいからある古い曲というか、モチーフというかみたいです。歌詞は健全に解釈すると「そんなの関係ないぜ!なんともないぜ!」って辛いことを無理してる歌なんでしょうけど、かな子はこれ単に麻薬でまともじゃない時の歌なんじゃないかなって思ってますよ(笑)
  • 09:この曲も悪くないけど普通ですね (ΦωΦ) でも 08 の次に来ちゃうと大抵の曲はそうかな(笑)そういう意味ではかわいそうです。
  • 10: これまたハウリン・ウルフ的ミニマルなブルースです。耐性の無い人にはこの調子で 7分半続くのはキツいかもしれないですね(笑)かな子はもちろん好きです (ΦωΦ)

  

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain

Cream 「Wheels Of Fire」

Wheels Of Fire (Remastered)

Wheels Of Fire (Remastered)

 

"Sittin' On Top Of The World " のカバーが収録されているクリームの名盤ですよ。他にも名曲名演奏が目白押しです (*´∀`*) この頃のエリック・クラプトンは凄かったんだなあ・・と再認識です (ΦωΦ)

Spotifiy にありますよー (ΦωΦ)