読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Pink Floyd 「A Saucerful Of Secrets」

こんにちは!かな子です。
かな子昔はハヤシライス嫌いだったんです。
なんだかよくわからないルーをかけて食べる謎の食べ物という感じで、凄く嫌でした ><
でもある日、そもそもご飯にビーフシチューをかけるとこから発生したらしいって話を知って、「なんだ!ビーフシチューか!」って思って、
一転してハヤシライスが好きになりました。 ( ̄ー ̄)b
つまりですね、「これは何なのか」ってことを知る、教えることは重要なんじゃないかってことです (ΦωΦ)
(晩ごはん美味しかったという他愛もない内容を書くつもりだったが、わりと良い場所に着地)



Pink Floyd  「A Saucerful Of Secrets」

お歌のお時間です。
今回かな子が持ち出したお父さんのレコードは、ピンク・フロイドの「A Saucerful Of Secrets(神秘)」です!
ジャケットは・・わからないけどアートです、たぶん (ΦωΦ)

Saucerful of Secrets

Saucerful of Secrets

 

これはサイケデリック・ロック・バンドがプログレッシヴ・ロック・バンド になろうとしている記録だと思いますよ! つまりもっと注目されていいフロイドの作品です。

前衛的でねじ曲がった閉塞的な世界で実に素晴らしいと思います。退屈な曲もありますけど(笑)、そういうのはサイケの破片みたいなものです (ΦωΦ)

Spotify のプレイリストにも追加済みですー (*^^*)

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Let There Be More Light
02. Remember a Day
03. Set the Controls for the Heart of the Sun
04. Corporal Clegg
05. A Saucerful of Secrets
   I.    Something Else
   II.   Syncopated Pandemonium
   III.  Storm Signal
           IV.  Celestial Voices
06. See-Saw
07. Jugband Blues

  • 01:イントロのベースが素敵ですねー。そしてオルガンやドラムが入ってきてじわじわと崩れる感じがまた良いのです。(´~`) ギター・ソロもサイケデリック感満載で最高です!
  • 02:イントロは"My Favorite Things" に似てますよね。これ実は 1st アルバムで不採用だった曲らしいじゃないですか。穴埋めです。でもまあまずまずの曲だと思いますよ (ΦωΦ) スライド・ギターはシド・バレットらしいです (*´ω`*)
  • 03:これは有名曲ですよね!ささやくようなボーカル、ドンドコし続けるティンパニ。ヴィブラフォンはシド・バレットが演奏しているそうです (ΦωΦ) わりと単純な曲ですけど、イマジネイティヴでとても雰囲気のある曲ですよね (∩´∀`)∩
  • 04:この曲って狂ったビートルズみたいに聴こえます(笑)そしてそれって最高なんじゃないですかね (*´ω`*)
  • 05:前半の不思議なような不気味なような美しいような曲調から、気がつくと謎のドラミングと「がぎょーん、ごーん」というピアノが鳴るカオスでサイケな世界になってます 。゚(゚´Д`゚)゚。 後半部はオルガンとコーラスの独壇場です (*^^*) 美しくかっこいいです!
  • 06:この曲は地味ですけど、よく聴くと綺麗な曲ですよ。でもまあ普通の曲ですね (ΦωΦ)
  • 07:このアルバムで唯一シド・バレットがボーカルの曲です。他に特筆すべき点はありません(笑)