読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Herbie Hancock 「Head Hunters」

こんにちは!かな子です。
今日はお家の照明をいくつか LED にしましたよ (`°ω°´)
結構高かったけどお父さんが払ったのでかな子的には大丈夫です(笑)
これで電気代、少しは安くなるのかなあ。
かな子のお家、電気代高いんですよ・・四六時中いろんなお部屋で音楽だの楽器だの鳴らしてますから ゚゚(゚´ω`゚)゚。
とりあえず、変えた照明は無駄に明るいです・・。


Herbie Hancock 「Head Hunters」

次はお歌のお時間です。
今回かな子が持ち出したお父さんのレコードは、 ハービー・ハンコックの「Head Hunters」です!
不気味だという意見もあるみたいですけど、ジャケットちょっとだけ(本当にちょっとだけ)かわいいと思いますよー。少数派でしょうかね・・。 (ΦωΦ)
この黄色い人がハービー・ハンコックですよね?なんでクワガタ?カブトムシ?
全く意味がわかりません・・ (ΦωΦ) 

ヘッド・ハンターズ

ヘッド・ハンターズ

 

これはいわゆるワン・ホーン・カルテットに打楽器を足した構成ということになるのでしょうかね。ドラムのハーヴィー・メイソンと、ベースのポール・ジャクソンのリズム隊は素晴らしいです!

かな子は何度かジャンル分けわからないと書いてますが、これは本当にわからないです(笑)ジャズ?ファンク?フュージョン? こだわる人には厄介なアルバムなのかもしれないですね (`°ω°´)

月が変わったので、12月のプレイリストを作りました! 

 

 

f:id:kanarev:20161010102017g:plain

01. Chameleon
02. Watermelon Man
03. Sly
04. Vein Melter

  • 01:全体的にとても聴きやすい曲だと思います!この有名なシンセ・ベースのリフは、ARPですよね!シンセはその後ツマミを操作しながらのソロや、ストリングスみたいな使い方をしたり、ずっと大活躍です! 7:37 辺りからのポール・ジャクソンとハービー・メイソンのリズム隊の演奏は実に素晴らしいです (๑>◡<๑) ハイハットだけ聴いてるとちょっとストイックな印象でしたが最初だけでしたね (ΦωΦ)
  • 02:これは元々 ハービー・ハンコックの「Takin' Off」というアルバムに入ってたものをリメイクしたバージョンです。しかしこの出だしの音は何でしょうね(笑)どうやって出してるんだろう (ΦωΦ) この曲はベース・ラインが凄くかっこいいと思います。ドラムはとてもきっちりしてる印象ですよ (*>_<*)ノ 右側からのシンセのフレーズも良いアクセントですし、最後の方で控えめなハンドクラップも入って来ます (#^.^#)
  • 03:出だしからかっこいいです (`°ω°´) そしてこの曲はめまぐるしく曲調が変わっていきます。リズム隊がわりと変化を持たせてチェンジするので「あっ変わった」って認識しやすいです (#^.^#) かな子はクラビ的にギャコギャコ言いながらリズムを刻む鍵盤に乗せて、わりと好き勝手にソロをとるサックスが良いと思いました (*´∀`*) そして、「Sly」はスライ・ストーンのことなんでしょうか? (ΦωΦ)
  • 04:イントロのこの音ってエフェクトかけたベースですよね?巧いなあ (*´∀`*) サックスはわりと落ち着いているのですが、今度はシンセが好き勝手に伴奏してる印象です (ΦωΦ) でもちゃんと煩い一歩手前でやめるあたり、センスだなあと思います。あとは繰り返されるドラムのパターンがかっこいいですー ( ・`д・´)

 

 

f:id:kanarev:20161010102014g:plain

Herbie Hancock 「Takin' Off」

Takin' Off (Remastered 2014)

Takin' Off (Remastered 2014)

  • アーティスト: ハービー・ハンコック
  • 出版社/メーカー: J. Joes J. Edizioni Musicali
  • 発売日: 2014/01/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

"Watermelon Man"  の元曲が入ってますよ (ΦωΦ) 全然違いますけどね(笑)
全体的には悪くないけど普通のジャズ・アルバムで、ハービー・ハンコックの・・と思うとちょっと微妙かもしれませんね・・(ΦωΦ)