読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」(その 2)

こんにちは!かな子です。
そろそろ、爪をかわいくしに行きたいな・・と思ってます♪
かな子は楽器弾くので爪は短いのですけど、短い爪でもかわいいデザイン探したり考えたり、結構わくわくします (o^^o)♪ 


Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」

今回かな子が無断で持ち出したお父さんの CD は、ボブ・ディランの「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」です!

2枚組で、今回は 2枚目です! 1枚目はこちらです! 

リアル・ロイヤル・アルバート・ホール

リアル・ロイヤル・アルバート・ホール

 

ついにノーベル文学賞までとってしまったわけですが、ボブ・ディランの歌詞ってある側面では本人にしかわからないであろう比喩や悪口でいっぱいなのに何をどうわかって評価したのだろうって気もしないでもないです(笑)

2枚目はエレクトリック・セットになってますが、ただでさえ電気化に不満なファンが多かった時に、こんなヘタウマの集合体(ザ・バンド)を引き連れてツアーするなんて、これディランの嫌がらせだったのではって気にすらなります(笑)(*ノω・*)テヘ

Spotify のプレイリストにも追加してありますので、ここから聴けますよー。(*^^*)

  

f:id:kanarev:20161202095701g:plain 

01. Tell Me, Momma (Live from London 5/26/66)
02. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) (Live from London 5/26/66)
03. Baby, Let Me Follow You Down (Live from London 5/26/66)
04. Just Like Tom Thumb's Blues (Live from London 5/26/66)
05. Leopard-Skin Pill-Box Hat (Live from London 5/26/66)
06. One Too Many Mornings (Live from London 5/26/66)
07. Ballad of a Thin Man (Live from London 5/26/66)
08. Like a Rolling Stone (Live from London 5/26/66)

  • 01:1枚目のつもりで聴き始めると、とにかく喧しいです(笑)この曲ってスタジオ録音版が正式にリリースされていない曲らしいですね (ΦωΦ) ベタ打ちなオルガンが妙に味です(笑)ザ・バンドって常にヘタウマな味が良いですよね!


    Bob Dylan - Tell Me, Momma (Live At The Royal Albert Hall 1966) [audio]

  • 02: とてもストレートでなんのひねりも無いと言っても過言じゃない歌詞です(笑)曲自体はいつものディランの普通の曲って感じですね (ΦωΦ) でもシンプルな良さみたいなものがあると思います!
  • 03: 元曲はトラディショナル・フォークらしいです。ディランの 1st アルバムに入ってるやつですね。ってゆーかそっちのほうが良い出来かもしれないです 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
  • 04:"Just Like Tom Thumb's Blues(親指トムのブルースのように)" は名曲過ぎてどんなアレンジでもたいていの場合楽しめるレベルに達している曲です (人´∀`).☆.。.:*・゚ 今回もアレンジ自体は悪くないと思うのですけど、もうちょっとこう・・いい感じで演奏をお願いできなかったのでしょうかね(笑)
  • 05:「ヒョウ皮のふちなし帽」って何の比喩なんでしょうね。複数ありそうですけど (゚∀゚ ) この曲はわりと元バージョンのイメージを保った感じで演奏されてます!
  • 06: 曲自体はまあ普通かな (ΦωΦ) 歌詞はストレートでわかりやすくて、とても若者な歌詞な印象だなあと思ってたらディランが 22 歳の時の作品でした。かな子は今後 22 になってもこんな詩を書ける気がしないですね・・( ー`дー´)
  • 07: "Ballad of a Thin Man(やせっぽちのバラッド)" はもともとドラマチックな曲だと思いますけど、このライヴ版もとてもそんな印象を受けました (`°ω°´) ピアノとオルガンが特に劇的な役割をしてますよねー。 2枚目で一番出来が良い演奏かもしれないです!
  • 08: ディランの曲の中でも超有名曲ですね (*´∀`*) 歌詞についても色々な解釈や解説があるのですけど、その時代その場所に生きていないと感覚的にわからない部分もあるのかもしれませんね (´・ω・`) 演奏についてはまあ普通でしょうか・・。ちょっとドラムがバタバタと煩いかもしれないですね・・(個人の見解です)

 

f:id:kanarev:20161202095656g:plain 

かな子の質問に答えられる方、ブログのコメントなり Twitter なりで答えていただけると嬉しいです!(返信をお約束するものではありません。あらかじめご了承ください)
今回のかな子の質問は、


「この頃のエレキのディランって、ストラト以外にも使ってたの?」


です! 答えていただけるとかな子が喜びます (#^^#) 

 

 

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

The Band 「The Last Waltz」  

The Last Waltz

The Last Waltz

 

「酷いレビューだ」ってまた怒られそうなので言っておきますと(笑)、かな子もザ・バンドは好きだし、 正直あれだけ演奏できれば十分だと思ってます ( •̀ㅁ•́;)
かな子の悪い冗談の 1つだと思って読み流してくださいね (ΦωΦ)