読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 5)

こんにちは!かな子です。風邪も治ったっぽいし、今日はバイトいけるぞ!と思って出勤したら、かな子の思い違いで、そもそもバイトお休みの日でした・・。Σ(・∀・;) 仕方ないからそのまま帰って、今ブログを書いてるという状況です (ΦωΦ)


King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」

お歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、 キング・クリムゾンの「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」です!
ジャケットは・・せめてブレスケアして欲しいです!
あとは察してください (`°ω°´)

クリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション2CD版

クリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション2CD版

 

グレッグ・レイク追悼企画 『比べてみよう!「クリムゾン・キングの宮殿」』

今回は第 5回、 "The Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)" です!

本来の「クリムゾン・キングの宮殿」の曲順としては、こうなってます (ΦωΦ)

01 21st Century Schizoid Man
02 I Talk to the Wind
03 Epitaph
04 Moonchild
05 The Court of the Crimson King

 

f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01 (1-5). The Court of the Crimson King (2009 remix)
02 (2-5). The Court of the Crimson King (2004 remaster)
03 (2-9). The Court of the Crimson King (Part 1) (Mono single version)
04 (2-10). The Court of the Crimson King (Part 2) (Mono single version)
05 (3-5). The Court of the Crimson King (Take 3)
06 (3-10). The Court of the Crimson King (original pink label UK vinyl transfer)
07 (4-2). The Court of the Crimson King live at Hyde Park, London, England, 5 July 1969)
08 (4-8). The Court of the Crimson King live at Fillmore East, New York City, New York, November 1969)
09 (5-5). The Court of the Crimson King (US mono radio mixes)
10 (5-6). The Court of the Crimson King (Single edit)

※ カッコ内は 5枚組の枚数-曲目

  • 01:このアコギのアルペジオ、誰もが練習するやつですよね(笑)・・いや、誰もがってことはないな・・(ΦωΦ) この曲で唯一駄目なのはオルガンの音だと思っているのですけど、そのオルガンの音もよく聴こえます。
  • 02:これは 2009 年リミックス版をちょっと分離悪くした感じです。言ってみればそれくらいの違いじゃないでしょうか (ΦωΦ) かな子には明確な違いを発見できませんでしたー。(`°ω°´)
  • 03:これはプチプチノイズがあってモコモコしてて、音的には微妙ですね (ΦωΦ) そして唐突にふっと終わります Σ(・∀・;)
  • 04:これは 03 の続きというか、適当な場所からフェードインして始まります Σ(・∀・;) よくわからないのですが、ドーナツ盤用にパート 1 と 2 に分けたものなんでしょうかね?
  • 05:クリムゾン・キングの宮殿 テイク 3 です。結構アコギの音、硬かったんですねー。ベースはまたゴリンとした感じもブワっとした感じも録られていて良いです。これもプレシジョン・ベースかなあ ( ´ー`) そしてこう取り出して聴くとフルート大変そうですね ι(´Д`υ)
  • 06:オリジナル・レコード起こしです。実に普通というか、聴き慣れたあの感じですね。
  • 07:1969/ 7/ 5 のロンドン・ハイドパークの記録です。これは録音バランスに難ありですね(笑)コーラスの「アー、アーアーアー!」ってのが大きすぎで、どうしても笑っちゃいます (*´∀`*)
  • 08:1969 年 11 月のニューヨーク・フィルモア・イーストの記録です。これまた音質は良くないですね。演奏自体も普通だと思います (ΦωΦ)
  • 09:アメリカ版モノラル・ラジオ・ミックスです。これまたプチプチノイズのが目立ちますね・・( ´ー`) 毎回モノラル版で書いてますが、ステレオと大きく印象が違うことは無いです。それはどう解釈したもんでしょうね (ΦωΦ)
  • 10:シングル用にエディットしたバージョンのようです。これも音質微妙です。 09 の感じに似てるかな (๑´•.̫ • `๑) そして 2 分 10 秒程度でフェードアウトして終わっちゃいますよ Σヽ(`д´;)ノ



以上で "The Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)" はおしまい!
次はこの 5枚組の中で、アルバム「The Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)」に含まれてない曲を取り上げて、ボックス全体のレビューが完了というわけです (*´∀`*)