読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Slayer 「Hell Awaits」

こんにちは!かな子です。
ベイマックスやばかったぁ (*´∀`*) めっちゃおもしろかったぁぁあ (*´∀`*)
内容的には、かな子の 1番はトイストーリーですねー。(*゚▽゚*)
でもキャラはディズニーのよりスヌーピーのほうが好きです ( *´꒳`* )♡♡


Slayer 「Hell Awaits」

それではお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD棚から持ってきたのは、スレイヤーの「Hell Awaits」です!
クリスマスイヴが来ましたよ (*゚▽゚*) かな子と一緒にスレイヤー聴きましょう (*゚▽゚*) 

Hell Awaits

Hell Awaits

 

かな子スレイヤーは好きなんですけど、ジャケットは最低です (ΦωΦ) なんでこうも毎度毎度気持ち悪い絵にするんでしょうね・・:(;゙゚'ω゚'): 聴き終えるとお父さんの部屋に投げ入れて逃げ去ってますよ・・。

皆さん口を揃えて「音が悪い」と言ってるようなんですが、そんなに音悪いですか?って思うのはかな子が戦前のブルースとか普通に聴いてるからでしょうかね・・(`°ω°´) 悪魔がどうのってモチーフ自体は嫌いじゃないのも、たぶん戦前のブルースのせいかもしれないです (`°ω°´)

1枚目はまだスレイヤーじゃありませんでしたが、2年後に出たこの 2枚目のアルバムでは完全にスレイヤーになってます・・(ΦωΦ) この 2年に何があったのでしょうね・・悪魔に魂売ったとか言われても「まあスレイヤーだからそういうこともあるかも」って思っちゃいますね (*゚▽゚*)

このアルバムも Spotify にありましたので、プレイリストに追加しましたよ (*´∀`*)
 


 

f:id:kanarev:20161202095701g:plain 

01. Hell Awaits
02. Kill Again
03. At Dawn They Sleep
04. Praise of Death
05. Necrophiliac
06. Crypts of Eternity
07. Hardening of the Arteries

  • 01: なんだかやたらおっかないイントロなので「西行法師、西行法師」と唱えてやり過ごします (ΦωΦ) これはテープ逆回転で "Join us, Join us" と言っているそうです。なんでメタラーとかって逆回転そんなに好きなんでしょうね・・(`°ω°´) おっかないイントロが終わると速くなります。ギター・ソロも狂気です ヽ(`Д´)ノ
  • 02:イントロからのリフの組み合わせによる曲構築が良いと思います (ΦωΦ) ギター・ソロが例によって狂っていますけど、全体的にはストレートでわかりやすいスラッシュ・メタルだと思いますよー。
  • 03:かな子はこのイントロの音程が好きですねー。1:26 でトム・アラヤ先生のボーカルにエフェクトがかかるのですが、ほんのワンフレーズだけってのがかえってかっこいいです (ΦωΦ) この曲はドラムが良いですね・・印象的なツーバスが時折り入ります。中盤以降はいったんテンポを落として、徐々にスピードを上げていく構成です。
  • 04: 出だしのドラムの一発がかっこいいんですよねー。ひょっとしてこのアルバムの中で一番速い曲でしょうか?アラヤ先生のベースも比較的よく聴こえますし、ギター・ソロも狂気です。(ΦωΦ) でも3:56 辺りからギターのフィードバック・ノイズが鳴る箇所がありまして、そこが一番怖いかもしれないです :(;゙゚'ω゚'):
  • 05:いかにもスレイヤーなリフが最高です。調子良い時のスレイヤー過ぎて特にコメントもありません (ΦωΦ)
  • 06:本人たちとメタラーの皆さんは劇的なドラマ性を持った曲と思ってるっぽいですけど、まあわりと最初から最後まで金太郎飴ですね・・(個人の見解です)この曲はさすがに微妙かな (ΦωΦ)
  • 07:この曲も「また同じ曲だ!」って思わせるに十分な内容ですけど、まあスレイヤーだからこういうものだとしか言いようもありません (`°ω°´) 曲の最後に "Hell Awaits" になってますが、メタル以外ならわりとこういうのありますよとしか・・


f:id:kanarev:20161202095658g:plain

この "Hell Awaits" は 2枚目のアルバムということです。
1枚目と比較すると、2枚目にして「もう完全にスレイヤーになった」ってところが凄かったのではないでしょうか。 あえて悪く言うとこれ以降ずっと同じなんですけれども(笑)
そんな意味でも 1枚目と比較すると面白いかもしれないですね。以前のブログでも取り上げてますので、読んでもらえると嬉しいです (*゚▽゚*)
 



参考、関連サイト