読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

King Crimson 「The Elements: 2016 Tour Box」(その 1)

こんにちは!かな子です。
今日は 2017 年初バイトでしたよ ( 〃▽〃)
短い時間でしたが、妙に疲れたし妙にお腹空いちゃいました!
なんか血糖値下がって手が震える感じで、帰りも無事家までたどり着けますようにー!って感じでした。
なお明日はいきなりお休みです。
かな子なりに無理のないシフトでお願いしました (´・ω・`)


King Crimson 「The Elements: 2016 Tour Box」

それではお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、キング・クリムゾンの「The Elements: 2016 Tour Box」です!
パッケージは普通というか地味ですけど、中の冊子や CD のデザインはかわいくて良いと思いますよ?なんならこっちのほうをパッケージに使えば良かったのに、なんでこういうことするかなあ (´・ω・`) 

2 枚組で、今回は 1枚目です! 2 枚目はこちらです!

Elements Tour.. -CD+Book-

Elements Tour.. -CD+Book-

 

まずですね、2016 年の録音を集めたことでないということに注意です (ΦωΦ)
2015 年ならまだかわいいですが、なんで 1974 年とかあるんでしょうかね・・? 2016 年に発表、収録されたものってことなのかな?

内容的には別の商品で聴いたことあるものだったり、物凄く半端なものだったりで、特に無理して買わなくてもいい感じです (´・ω・`)
でもまあ、これらの曲が 1 つにまとまってたほうがいいとか、単にマニアだとか、そういうことなら買っても大丈夫ですし、かな子が言わなくても買うと思います(笑)

Spotify には、ありませんでした。まあ当然でしょうかね・・(・∀・;)

 

f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Wind (extract)
02. Moonchild (2016 Instrumental)
03. Peace (Live in Japan, 2015)
04. Pictures Of A City (Live in Toronto, 2015)
05. Prince Rupert's Lament (2016 mix from Lizard recording sessions)
06. Islands (Rehearsal/Runthrough)
07. Threshold Soundscape (Live, USA 2014)
08. Larks' Tongues In Aspic Part I (Live, USA 2014)
09. Easy Money (Larks' Tongues recording sessions/boxed set)
10. Improv I (live 1974 - Starless boxed set)
11. Doctor Diamond (Live 1974 - Starless boxed set)
12. From The Drummer's Stool (Mike Giles, 21CSM extract)
13. 21st Century Schizoid Man (Live, 1974, USA )

  • 01:これは "21st Century Schizoid Man(21世紀のスキッツォイド・マン)" のイントロ部分ですね!40周年ボックスにも入ってました。使い回しですか・・Σ(・∀・;)
  • 02:ムーン・チャイルドのインストゥルメンタルです。ドラムが頑張って変化をつけているのがわかって面白いですね。そしてすぐフェードアウトして終わります・・なぜこんな半端なものを・・Σ(・∀・;)
  • 03:これは「In the Wake of Poseidon (ポセイドンのめざめ)」の 1 曲目ですね。オリジナル版より良い出来だと思います (*゚▽゚*)
  • 04:これも「In the Wake of Poseidon (ポセイドンのめざめ)」収録の曲ですね。サックスが汚いかもしれないです・・。ノイズ成分多めな気がします (>人<;) 何気にパーカッションが忙しいように聴こえますけど、トリプルドラムで分担してたら大したことないのかも・・(*´꒳`*) そして後半に進むにつれ雑な演奏になっているような・・(´・ω・`)
  • 05:冒頭のフリップ先生丸出しなギターが良いですね!全体的にはフリップ式ギター・ソロと半端なサウンド・スケープのダブルという感じで微妙です (ΦωΦ)
  • 06:リハーサルということで、ドラムとギターに乗せて歌詞もあやふやなボーカルがある程度です。(ΦωΦ) イントロからの美しいギターと、後半になってメロトロンがはっきり聴けるので、そこが聴きどころかもしれないです!
  • 07:これはたぶんリハーサルの・・雑音ですね・・(ΦωΦ) フリップ先生の錬金術です。
  • 08:イントロの金物のピッチが低いので若干ヘヴィに感じるスタートです。グラスにビーズとか入れて転がしてるような音って何で出してるのでしょうね?太陽と戦慄パート 1 の例のギター・リフは、ひょっとするとクリムゾン史上最もヘヴィなリフかもしれないですね。かっこいいと思います (*゚▽゚*)
  • 09:ドラムがちょっとボヨンボヨンしすぎじゃないでしょうかね。金物は普通です。フリップ先生のギターの歪みも荒いのですが、これは意図的なんでしょうね。ギター・ソロはいい感じだと思いますし、何よりこのバージョンはかな子の嫌いなポエーンって音が無いのが良いです (*´ω`*)
  • 10:インプロヴィゼーション曲です。いかにもクリムゾンのインプロヴィゼーションといった感じの、悪く言うとただ延々と音出ししてるだけの・・ああ・・(ΦωΦ)
  • 11:これは「The Great Deceiver」ボックスとかに収録されてる曲ですね。他はライヴでしか演ってないみたいです (ΦωΦ) 不穏なヴァイオリンに緻密に絡んでくるベースがかっこいい曲ですね (*´ω`*)
  • 12:ドラム曲です!なんだこのスネアの音・・と思ってたらすぐに終わる短い曲です (´-`)
  • 13:このバージョンは全体的にはあまり出来は良く無いというか、聴いててもいまいち盛り上がらない感じがありますね(個人の見解です)荒々しいけど勢いに欠けるというかなんというか・・悪くはないんですが決め手に欠ける感じ? (´・ω・`)


f:id:kanarev:20161202095656g:plain

かな子の質問に答えられる方、ブログのコメントなり Twitter なりで答えていただけると嬉しいです!(返信をお約束するものではありません。あらかじめご了承ください)

今回のかな子の質問は、


 「08 の、グラスにビーズとか入れて転がしてるような音ってどうやって出してるの?」


です! 答えていただけるとかな子が喜びます (#^^#) 


参考、関連リンク