読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Led Zeppelin 「Led Zeppelin I」

こんにちは!かな子です。
今日は成人式に行ってきました。新成人とか言われましても、アレですね、
向き不向きで言うと、かな子向いてないです。
いつまでもお小遣いを貰いながら自宅で優雅に暮らしたいのです (ΦωΦ)


Led Zeppelin 「Led Zeppelin I」

ここでお歌のお時間です。
今回はかな子の私物ですよ (๑>◡<๑)
レッド・ツェッペリンの 「Led Zeppelin I」です!
ジャケットは、リマスターの際にアレンジされてますね。良し悪しは微妙かと思いますけど(笑)リマスター盤であることを明確にするために必要だったのではないでしょうか (ΦωΦ) 

Led Zeppelin (Deluxe Edition)

Led Zeppelin (Deluxe Edition)

 

1 / 9 はジミー・ペイジ大先生のお誕生日らしいですよ!
お誕生日のお祝いにこのアルバムを取り上げました!他に意味はありません・・なんなら 2-3 ヶ月ぶりに聴きましたよ (ΦωΦ)

内情的なとこを言ってしまうと、出処の怪しい自称自作曲ばかりだとかありますけど(笑)それでも1 枚目のクオリティじゃない素晴らしいアルバムですよね (*´∀`*) とりあえずこれ以上訴訟されないといいですね (ΦωΦ)

Spotify にもありましたので、プレイリストに追加しましました! ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Good Times Bad Times
02. Babe I'm Gonna Leave You
03. You Shook Me
04. Dazed and Confused
05. Your Time Is Gonna Come
06. Black Mountain Side
07. Communication Breakdown
08. I Can't Quit You Baby
09. How Many More Times

  • 01:いきなりこのかっこよさとか異常ですよね (*゚▽゚*)  よく言われるのはジョン・ボーナムの頭抜き 3 連キックでしょうかね。ボンゾに言わせると誰だったかからパクっただけってことじゃなかったかな (*´∀`) ジョン・ポール・ジョーンズ先生のベースは、この曲ではわりと普通に聴こえつつもこんなベース弾けないレベルです。ギター・ソロはジミー・ペイジ大先生のフレーズがオンパレードですね!あえて悪く言うと「またそれですか」ってものばかりですけど(笑)、実際はこれまだ 1 枚目ですものね!
  • 02:元々はジョーン・バエズの曲みたいですね。これはロバート・プラントの凄まじいボーカルがなあ (´ω`) 静か目の曲ですし、他のメンバーは静と動をきっちり分けるような演奏してるんでしょうね。動の部分のヘヴィさもまた特筆すべきだと思います (*´∀`) この曲、アコギ持ったら弾きたくなる曲ランキングがあったら 1 位じゃないでしょうかね・・?ならないでしょうかね・・?かな子弾きますよ?
  • 03:この曲の冒頭のレギュラー・スライド、かな子わりとよく弾きます。なんとなくですけど (゚∀゚) ボンゾのドラムもヘヴィで良いのですが、ジョンジー先生のオルガンもとても素敵!ロバート・プラントも「そりゃあ貴方喉壊しますよね」って感じの凄い歌い方でもう ಠ_ಠ
  • 04:この曲って、メロディのある曲を聴くというより 4 つの楽器(ボーカル含む)で作られた音の塊をぶつけられるような体験です。とりわけジョンジー先生のベースが本当に重要ですよね。中間部のもちゃもちゃやってるところは、かな子的にはサイケでもなんでもなくて、わりとどうでもいいですね (笑)ライヴだと面白いことやったりもしてたみたいですけど (ΦωΦ) この曲はライヴで実際に聴いたら凄まじかったろうなあと思います (*゚▽゚*)
  • 05:この曲の一番の聴きどころってドラムだと思うんです!あとはジミー・ペイジ大先生のスライド・・デヴィッド・ギルモアみたいなことやってるけど全然あんな感じにできてないのが可愛いです (*˘︶˘*).。.:*♡
  • 06:ギターを DADGAD チューニングにしたらとりあえず弾く曲ランキングがあれば 1 位ですよね!ならないでしょうかね・・?かな子弾きますよ?あ、Kashimir 派ですか?
  • 07:とても勢いがあって良い曲だと思います!むしろロック・バンドの 1 枚目なんだからこういう曲がもっとあってもいいくらいだと思いますよ(笑)この頃はジミー・ペイジ大先生もテレキャスターを使ってた頃ですよね。こんな音がでるテレキャス欲しいなあ (ΦωΦ)
  • 08:ウィリー・ディクソンの曲ですね。ローリング・ストーンズも「Blue & Lonesome」でカバーしてました (*゚▽゚*) かな子はツェッペリン派ですね!ツェッペリンの曲はどれもそうなんですけど、やっぱりリズム隊が超絶に強力なんですよね。これだからボーカルとギターが自由にできる、っていう意味ではジミ・ヘンドリクスのバンドと状況が似てるかもですね (ΦωΦ)
  • 09:このベースも弾きたくなるベースですよね! この強力なリフがこの曲の全てを決定してる感じです (*゚▽゚*) 途中出てくる "The Hunter" はアルバート・キングの曲ですが、"Rosie" も何かの拝借だったはずです。どこかで読んだのですがちょっと資料が見当たらず ><


f:id:kanarev:20161202095658g:plain

Led Zeppelin 「The Complete BBC Sessions Remasters」 

The Complete BBC Sessions

The Complete BBC Sessions

 

全部じゃないですけど、この頃のツェッペリンのライヴがいくつも収録されているライヴ盤が公式でもあります。リマスターでまた素晴らしい感じですよ (*˘︶˘*).。.:*♡ 以前 3 回に分けて取り上げてますので、読んでもらえると嬉しいです (๑>◡<๑)




参考、関連リンク