読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

The Velvet Underground 「The Velvet Underground」

こんにちは!かな子です。
今日はお友達とオムライス屋さんでランチしました (*´∀`*)
かな子はネギ山とろろのなんとか和風オムライスってやつ・・すでに名前を忘れてアレですけど(笑)凄い美味しかったです (๑>◡<๑)
以前オムライス屋さんでバイトしたいなって思ったこともあったのですが、特に機会もなくここまで来てしまいました (ΦωΦ)


The Velvet Underground 「The Velvet Underground」

それではお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの 「The Velvet Underground」です!
ジャケットはいかがわしい雑誌を見せつけるルー・リード氏です・・。 

The Velvet Underground (45th Anniversary / Deluxe Edition)

The Velvet Underground (45th Anniversary / Deluxe Edition)

 

ジョン・ケイルを追い出して(笑)新体制になってからのアルバムです。代わりにダグ・ユールというベーシストが加入しています。

とにかくナイーブな内容で、屈指の名曲 "Pale Blue Eyes" も収録されているガラス細工のようなアルバムです。でもかな子が一番好きな曲は "Candy Says" ですよ (人´∀`).☆.。.:*・゚

Spotify にもありますので、プレイリストに登録済みです!⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Candy Says
02. What Goes On
03. Some Kinda Love
04. Pale Blue Eyes
05. Jesus
06. Beginning to See the Light
07. I'm Set Free
08. That's the Story of My Life
09. The Murder Mystery
10. After Hours

  • 01:かな子がヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲の中で一番好きな曲ですよー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* ボーカルはダグ・ユールです!とにかくナイーブで、今にも壊れそうな素晴らしい曲だと思います (*゚▽゚*) でもこの歌の主人公のキャンディって人、ルー・リードが知ってたオカマのことらしいと聞いたときはちょっと気を失いかけましたよ・・Σ(-᷅_-᷄๑)
  • 02:シンプルなカッティングがかっこいいですね ( ´ ▽ ` ) 二巡目から出現するオルガンも素敵ですよねー。この曲なんかはもっと跳ねたアレンジにしてもいけそうな雰囲気があります。そう感じるのはモーリン・タッカーのドラムが実は凄いからじゃないですかね (`・ω・´)
  • 03:この曲はルー・リードのソロのライヴ・バージョンで聴いたほうが凄さが分かりやすいかもしれないです。淡々と繰り返すリズムの暴力性が素晴らしいです。
  • 04:この曲はこのアルバムのハイライトですよね (〃ω〃) この曲も淡々と寂しさを語っているような美しさがありますね!ギター・ソロもばっちりだと思います (人´∀`).☆.。.:*・゚
  • 05:ひょっとしてこの曲ってヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲の中でも一番シンプルでストレートな内容じゃないんでしょうかね? 要するに「神様助けて」って懇願し続けている内容ですものね。なんで唐突にこんな曲を作ったのか、収録したのか謎ですが・・(ΦωΦ)
  • 06:この曲はとても、良い意味で普通ですよね。普通のバンドが演ってもおかしくない感じです。転調のせいで余計にポップで爽やかに聴こえるのが面白いです (*゚▽゚*)
  • 07:この曲ってなんでこんなにシンプルなんでしょうね?アレンジの時間も処理の時間も無かったのでしょうかね?(ΦωΦ) 間違えてデモ・テープを収録してしまった・・と言われても納得してしまう感じです(笑)
  • 08:この曲も面白いですよね・・作りかけなんだろうか・・とか思っちゃいますけど、これたぶん次の 09 のインタールードのつもりなんじゃないでしょうか?憶測ですけど(笑)
  • 09:このアルバムのもう 1 つのハイライトです。別々の詩の朗読と歌が、それぞれ左右に振られてよくわからない感じになってます (*゚▽゚*) 中盤以降、オルガンもよくわからない感じになって不穏な感じを撒き散らします!
  • 10:モーリン・タッカーがボーカルの可愛い曲です ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。でも歌詞を読むとそんなに可愛くもないんですけどね(笑)

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

The Velvet Underground 「White Light / White Heat」 

White Light / White Heat (45th Anniversary)

White Light / White Heat (45th Anniversary)

 

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバムについて、無理矢理に特徴を述べるとすると、1 枚目はポップ、2 枚目は凶悪、3 枚目はナイーブです。 4 枚目は微妙・・かなあ(笑)いずれブログで取り上げるつもりですけどね (ΦωΦ)



参考、関連サイト