読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Uriah Heep 「Return To Fantasy」

こんにちは!かな子です。
生姜風味コーラがお友達の間で噂なのですが、チャレンジする勇気がありません(๑・౩・๑)
でも今日はそれ以上に厳しい感じのものをコンビニで見つけてしまいました。
「抹茶仕立てのシーフード味」というんですが・・ :(;゙゚'ω゚'):
かな子はこういう変わり種のモノは買ったり食べたりしないのですが、こういうのチャレンジするの好きな人もいるのでしょうね (*゚▽゚*)


Uriah Heep 「Return To Fantasy」

今回かな子がお父さんのレコード棚から持ち出したのは、ユーライア・ヒープの「Return To Fantasy(幻想への回帰)」です!
ジャケットは、かな子最初これ空飛ぶ熊さんの絵なのかと思いましたよ・・( ・´ー・`)
HEEP の H の下に目と耳と口がありますよね?URIAH の U の下に伸びてるのは手です・・。(わかって)

Return To Fantasy

Return To Fantasy

 

1976 年に発表された、ジョン・ウェットン加入後初のアルバム

ジョン・ウェットン追悼企画第 5 弾です。
やっぱりウェットンの分厚いベースがかっこよくて、目立ってて、でも他の楽器とのバランス悪いですよ ( ・´ー・`)

ユーライア・ヒープとしては新境地を開いた的なアルバムのようで、ブリティッシュというよりむしろアメリカンな印象を受けました。使われている楽器のせいかな?

2 月のプレイリストも作りましたので、追加しましたよ (*゚▽゚*)

 

f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Return to Fantasy
02. Shady Lady
03. Devil's Daughter
04. Beautiful Dream
05. Prima Donna
06. Your Turn to Remember
07. Showdown
08. Why Did You Go
09. A Year or a Day

  • 01:出だしのオルガンが良いですよね (*'▽'*) ベースも独りで跳ねてるような状態で面白いですー。ハードなプログレというよりは半ばハード・ロックな感じですかね・・?
  • 02:ユーライア・ヒープ流のポップソングみたいに聴こえますね! アレンジ変えたら 80 年代の曲に混ぜてもわりといける気すらします (*´-`) ジョン・ウェットンのベースはファズをかけてるのでしょうかね?まあ得意技ですからね。
  • 03:ギターと鍵盤がバトルする他は普通です・・。リズム隊の絡みも凝っていて面白いのですけど、こういう曲にカウベルは合わないと思うんですよね・・ (ΦωΦ)
  • 04:イントロのビヨビヨシンセが面白いですけど、なんでこの音色にしちゃったかな(笑)そして凄く控えめに、シンセの影に隠れてなってるオルガンが不憫です(´-`) この曲、ボーカルが安いハード・ロックみたいな歌い方してるから全部減点気味に聴こえますね (ΦωΦ)(個人の見解です)
  • 05:これまたなんでしょうね・・こういう曲本当にやりたかったのでしょうか ( *`ω´) でもメル・コリンズがゲスト参加している曲なんですよ!
  • 06:最初聴いた時には微妙でしたが、2 度目以降はわりといけました ヽ(´ー`)ノ 右側でずっとなってるオルガンがいい感じですね。ジョン・ウェットンが歌もいけるからか、コーラスはいい感じかもしれないです。ベースはもちろん良いですよ (*゚▽゚*)
  • 07:オルガンのリフは良い感じです。ギターはそうでも無いかな・・ギター・ソロもキンキンしててあまり良くないです・・(・ω・`) かな子的には "Showdown" でコーラスになるところがかえって微妙ですね・・あまりにも古いんじゃないかな・・まあ古いんですが・・(ΦωΦ)
  • 08:アカペラから始まる曲ですが、それ自体は特に意味はないのではないでしょうか(笑)本編は良い感じのバラードですよ (*゚▽゚*) ベースはどっしりとしてて、良い感じですね。さすがです (о´∀`о) とりわけコーラスやメロトロンの使い方が古いと思いますが、まあ実際古いんだから仕方がないのかな・・でもかっこよく使えてる昔のバンドもあるからなあ・・(ΦωΦ)
  • 09:臭いと言われかねないメロディですけど、本来のこのバンドには合ってるのではないでしょうか。コーラスワークが重厚な感じで、これもウェットン効果でしょうかね (*゚▽゚*)  


f:id:kanarev:20161202095658g:plain

King Crimson 「USA」 

Usa - 40th Anniversary Edition (Cd+Dvd-Audio)

Usa - 40th Anniversary Edition (Cd+Dvd-Audio)

 

こうして聴いてみると、ジョン・ウェットンって歌えるしベースも巧いし生まれながらのプログレマンですね (*゚▽゚*)
キング・クリムゾン時代のウェットンも悪くないので、読んでもらえると嬉しいです (人´∀`).☆.。.:*・゚
 



参考、関連サイト