読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Deep Purple 「Time For Bedlam」

こんにちは!かな子です。
午前中にお友達とお茶してたのですが、ラテアートとかすごいなーといつも思います ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
クマとかネコとかトトロとかなんでも描けるんですよー (*゚▽゚*)
シンプルなハートとかでもかわいいし、飲むのもったいなくなりますね!
まあ飲むんですけど(`・ω・´) 


Deep Purple 「Time For Bedlam」

今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出してきたのは、ディープ・パープルの「Time For Bedlam」です!アルバムじゃなくて EP ですよ。
ジャケットは、ピンク・フロイドの「The Endless River」と構図的にかぶってます・・ (ΦωΦ) 

Time for Bedlam Ep

Time for Bedlam Ep

 

2017 年に発売予定のアルバム「InFinity」からの先行 EP

2017 年 4 月 7 日にリリースされる予定のニュー・アルバム「InFinity」からの先行公開です。といってもアルバムに収録されるのは "Time For Bedlam" だけで、残り 3 曲は iTunes 版のおまけとか、そういう形で収録されるみたいです。

今回のメンバーはこのようになっているみたいですよ (*゚▽゚*)

Ian Paice – drums
Ian Gillan – vocals
Roger Glover – bass
Steve Morse – guitar
Don Airey – keyboards


Spotify にはありませんでしたが、公式に動画が公開されてますので貼っておきますね ⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Time For Bedlam
02. Paradise Bar (Non Album Track)
03. Uncommon Man" (Previously Unreleased Instrumental Version) 
04. Hip Boots" (Rehearsal, Ian Paice's Recording) 

  • 01:出だしのロボ風ボイスでいきなり微妙な気持ちになりますが(笑)、その後は確かにディープ・パープルが演りそうな曲ではありますね・・。イアン・ペイスのドラムは相変わらずの感じで、跳ねた感じがこのバンドには合うのではないでしょうか (●´ω`●)  ロジャー・グローヴァーのベースは相変わらず曲の要なので、もう少し大きな音にしてあげても良かったのではないでしょうか (ΦωΦ)
  • 02:なんとなく "Woman From Tokyo" の焼き直しのような曲ですが、全体的な音は少し現代風でしょうかね・・。チャイム風の音が可愛いです (●´ω`●) オルガンとギターのソロは、特に派手でも凄くもないのですが、とても安定した感じで悪くはないと思いますよ (*゚▽゚*)
  • 03:インストゥルメンタル曲です。これは最初から歌なしの曲のつもりで作ったのでしょうかね?なんか歌が乗りそうな感じもするのですが・・(ΦωΦ) 全体的なイメージとしては映画音楽に乗せてギターを弾いてる感じです。シンセもギターも鳴ってるのに、一番表情豊かなのがオルガンってとこが面白いですね・・。不思議な楽器だー (`・ω・´)
  • 04:リハーサル、と書いているのですが、このくらい荒っぽくてもかえってかっこいいのではないでしょうかね (*゚▽゚*) 正直この EP で一番かっこいいと思いますよ!歌なしですけど・・。

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

Deep Purple 「Deep Purple」 

III by Deep Purple

III by Deep Purple

 

ディープ・パープルの初期の作品ですが、内容的にはアート・ロックというか、わりとプログレとか好きな人には受け入れられそうなアルバムだなあと思いましたよ (*゚▽゚*)
 



参考、関連サイト