読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Sonny Rollins 「Sonny Rollins Vol.2」

こんにちは!かな子です。
この前までわりと天気良かったのに、また寒すぎです・・ ಠ_ಠ
ちょっとお外を歩いただけで寒すぎて手が痛くなってしまい、自販機でカイロ代わりにあったかいココアを買いました ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
なんか今更だけど手袋買ったほうが良いでしょうかねえ ಠ_ಠ

 

Sonny Rollins 「Sonny Rollins Vol.2」

お歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出してきたのは、ソニー・ロリンズの「Sonny Rollins Vol.2」です!
ジャケットは凄くかっこいいと思いますけど、タバコはやめたほうがいいと思いますよ (`°ω°´) 

ソニー・ロリンズ Vol.2

ソニー・ロリンズ Vol.2

 

名演奏が並ぶロリンズの 50 年代の中でも代表と言える、 1957 年の作品

ソニー・ロリンズはローリング・ストーンズの「Tattoo You(刺青の男)」に 3 曲も参加してます (*゚▽゚*) 経緯としては、ミック・ジャガーがチャーリー・ワッツに「最高のサックス奏者って誰?」と聞いて、チャーリーが「ソニー・ロリンズ」と即答、数日後のスタジオにはソニー・ロリンズ本人が居たということです :(;゙゚'ω゚'):

かな子がその話を知って思ったのは、チャーリーは本当にソニー・ロリンズが好きなんだなってのと、ミックは本当にビジネスマンとして判断力と行動力があるなということ、そして「そうなんだ。じゃあいいよ」ってストーンズの録音に来るソニー・ロリンズも凄いなことです ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

そんなロリンズ大先生のこのアルバムは、聴き堪えのある素晴らしいアルバムです。
参加メンバーはこうなってますよ!

Sonny Rollins – tenor saxophone
J. J. Johnson – trombone (tracks 1-3, 5-6)
Horace Silver – piano (1-3, 5-6)
Thelonious Monk – piano (3, 4)
Paul Chambers – bass
Art Blakey – drums

なんですかこのオールスターみたいな・・。 

Spotify にもこのアルバムはありましたので、追加済みです (`°ω°´)
 



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Why Don't I?
02. Wail March
03. Misterioso
04. Reflections
05. You Stepped Out of a Dream
06. Poor Butterfly

  • 01. Why Don't I?
    1 曲目からノリが良くてキャッチーな曲です。実にわかりやすく楽しいです (*゚▽゚*) でもこういう風に聴かせられるってとこがソニー・ロリンズ大先生の凄まじい力量なんですよね・・。随所でドコドコ入るアート・ブレイキーのドラムが凄くいい感じです (*´ω`*) 最後にピヨピヨ鳴ってるのはわざとなんでしょうかね・・?実はロリンズ大先生、後半のソロで入りのタイミングを間違えているというのが定説があるみたいで、ひょっとしたら最後のピヨピヨは「間違えちゃったよテヘ」って感じなのかもしれませんね (*˘︶˘*).。.:*♡
  • 02. Wail March
    これマーチなのは最初と最後だけですよね(笑)ブレイキーのドラムが炸裂しまくってる中吹きまくるロリンズ大先生・・とこれに尽きるかな、この曲は・・。感覚的にどんどん速度が上がっていくように感じる曲ですね(別に上がってはいないのですけど)(*´∀`*)
  • 03. Misterioso
    これはセロニアス・モンクの曲ですね。この録音に本人も参加してますよ!文句の曲って本当に独特ですよね。誰がカバーしてもモンクだってことは、とても強烈な個性なんだろうなと思います (ΦωΦ) この曲、資料によるとモンクとホレス・シルヴァーが 1 台のピアノを連弾しているらしいです!?
  • 04. Reflections
    これもモンクの曲ですね。モンクのピアノと一緒に演奏するロリンズ大先生のサックスの素晴らしさといったらないですね (*´∀`) なんでこんな風に吹けるのだろう・・。
  • 05. You Stepped Out of a Dream
    しょっぱなのドーン!っていうドラムがなんか面白いです(笑)なにしてんのブレイキーって感じで ( ´ー`) この演奏は基本的に全員かっこよくて、ここまで目立ってなかったポール・チェンバースも良い感じです (*˘︶˘*).。.:*♡
  • 06. Poor Butterfly
    ロリンズ大先生とJ. J. ジョンソンの対比が面白いかもしれませんね。もちろん 2 人共良いのですけど、違いが面白いという意味ですよ。この 2 人の次はホレス・シルヴァーのピアノとチェンバースのベースの組みっぷりが素敵です (๑>◡<๑) バラードだけど、わりとあっさりした感じで終わります。

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

GRP All-Star Big Band 「All Blues」

オール・ブルース

オール・ブルース

  • アーティスト: GRPオールスター・ビッグバンド,GRPオールスター・ビッグ・バンド,ラムゼイ・ルイス,ランディ・ブレッカー,アルトゥーロ・サンドヴァール,チャック・ファインドレー,ジョージ・ボハノン,エリック・マリエンサル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

これはビッグ・バンドによるブルースしかないアルバムですよ。ゲストも豪華で、これまたオールスターです!B.B.キング、チック・コリア、マイケル・ブレッカー、ランディ・ブレッカー、ジョン・パティトゥッチ・・。
 



参考、関連サイト