読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

The Jimi Hendrix Experience 「Are You Experienced?」

こんにちは!かな子です。
今日は朝から雪が降ったりやんだり、しかもそれなりに積もってもういいよーって感じです ><
天気が好転したらマツエクか美容室かに行こうと思っていたのですが、結局タイミングを逃し続けてどこにも行きませんでした (ΦωΦ)
美容室なんかカラーとトリートメントしようか、髪の色、かなり暗くしようか、なんて色々考えてたのに全部無駄になったし、次に行こうと思ったときにはやりたいことも変わってるかもで悩み中です ಠ_ಠ


The Jimi Hendrix Experience 「Are You Experienced?」

今回かな子がお父さんのレコード棚から持ち出してきたのは、ジミ・ヘンドリクスの「Are You Experienced?」です!
ジャケットは、いんちき手品師と助手みたいで駄目です・・。 ><

Are You Experienced?

Are You Experienced?

 

1967 年に発表されたデビュー・アルバムにしてロック史における最重要作品の 1 つ 

これぞロック・ギターの「平均律クラヴィーア」ですよー (*゚▽゚*)
ああでもないこうでもないと発売されるヘンドリクス関連商品ですから、かな子のお家にあるこのアルバムの音源もこんな感じです ><

  1. お父さんが持ってた 1967 年? UK盤レコード
  2. お父さんが持ってた 1991 年リマスター盤
  3. お父さんが持ってた 1993 年 MCAリマスター盤
  4. かな子の 2015 年?盤

今回はレコードで聴いてみましたよ ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

ジミ・ヘンドリクスとオールマン・ブラザーズ・バンドは、デビュー・アルバムの完成度がいかさまレベルという点で非常に似ています (*゚▽゚*)
この人たち、なんで 1 枚目がいきなりベスト盤みたいになってるんですかね・・(ΦωΦ)

「Are You Experienced?」はヘンドリクスの音楽的センスと奇跡が詰まった作品ですが、ミッチ・ミッチェルのドラムもノエル・レディングのベースも凄まじいレベルの演奏ですよね。普通に考えてヘンドリクスについていける人が 2 人もいるバンドってとんでもないですよ :(;゙゚'ω゚'):

余談ですが、かな子が使ってるストラトキャスターはヘンドリクスがウッドストックで使ってたのと同じタイプですよ! かわいいっ ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。(支払い残多数) 

f:id:kanarev:20170106173314p:plain


Spotify にもアルバムがありましたので、追加済みですー (`・ω・´)

 



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Foxy Lady
02. Manic Depression
03. Red House
04. Can You See Me
05. Love or Confusion
06. I Don't Live Today
07. May This Be Love
08. Fire
09. Third Stone from the Sun
10. Remember
11. Are You Experienced?

  • 01. Foxy Lady 
    オープニングのフィードバックしながらボリュームを上げていくっていうのがねー、単純なんだけど凄いかっこいいんですよ ( ´△`) 終盤にもやってますけどね。いい感じに潰れたギターの音色も、ヘヴィめのリフも凄くいいと思います!
  • 02. Manic Depression
    この曲はミッチ・ミッチェルのドラムがいいですよね!跳ねきれない跳ねたドラム(笑)わざとだと思うんですけどね。ヘンドリクスの弾いてる感じと微妙に噛み合ってないとこが特有の感じを出している・・というとこでしょうか (*´∇`*) 最後のフィードバック・ノイズもかっこいいです!
  • 03. Red House
    なんのひねりもないブルースですけど、ヘンドリクスが演るとこの有様です  ♪( ´▽`) 凄いなあと思って夢中で聴いてたら終わってますよ!やっぱり基本ブルースの人なのかって感じですね。
  • 04. Can You See Me
    まず出だしの「ふゅーん」って音が好きですよ。こういう一見無駄で無意味な音をわざわざ入れるのが昔の音楽っぽくて好きです (ΦωΦ) 実際この曲は同時期のブリティッシュ・ロック・バンドなら結構似た傾向の曲をやってるかな?
  • 05. Love or Confusion
    この曲かっこいいですよね!A メロとサビの終わりのフレーズが良いんです (*゚▽゚*) 対位法・・とまではいいませんけどボーカルとギターのラインの組み方が素晴らしいと思いますよ!ライヴではこの曲演ったのかな?この通り演奏するとか可能なんでしょうかね・・まあやるだろうな、ヘンドリクスなら・・(ΦωΦ)
  • 06. I Don't Live Today
    「今日を生きられない」ってタイトルが既にロック的自己陶酔を煽りますよね(笑)ミッチのドラムがいつも以上にドンドコしてるのが面白いですけど、終盤にはさらに速度を上げてドンドコします :(;゙゚'ω゚'):
  • 07. May This Be Love
    これは良い曲だと思います。空間たっぷりなふわふわした曲をさらっと演奏するとこうなるのでしょうか。この曲、エミルー・ハリスもカバーしてるのですが、そっちも最高に良い曲でした。
  • 08. Fire
    実にシンプルなロックでかっこいい曲ですよね。ノエル・レディングのへちょいコーラスもまたご愛嬌です (*゚▽゚*) リッチー・ブラックモア大先生がこの曲をいじりながら "Speed King" を作ったという話も聞いたことがありますが、実際はどうだったのでしょうね?
  • 09. Third Stone from the Sun
    サイケデリック・ロックな感じにジャズっぽく叩くドラムが良い感じです (`°ω°´) この曲ってジャコ・パストリアスもカバーしてますよね。宇宙の怖さを表現したと言われたら納得しそうな感じの曲ですが、ちゃんとわかりやすく良いフレーズも入れてるのがさすがです (*゚▽゚*)
  • 10. Remember
    まずギターの音が良いです。曲自体も普通に良い曲ですね・・このアルバムの中に入っていると、とても目立たない存在ですけど(笑)この曲ってアレンジを少し変えてあげるとスウィートなソウルになりますよね・・カーティス・メイフィールドとかがやってもおかしくないような (*゚▽゚*)
  • 11. Are You Experienced?
    これもテープの逆回転とかを多用してサイケな感じになってますけど、実はアコースティック・ギター 1 本でもいける感じの曲です。でもこの曲、エリック・ジョンソンがテープ逆回転も含めてギターでカバーしてたような・・:(;゙゚'ω゚'):


f:id:kanarev:20161202095658g:plain

The Jimi Hendrix Experience 「Axis: Bold As Love」 

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ(紙ジャケット仕様)

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/09/13
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

1 枚目のほうが派手でキャッチーだと思いますけど、2 枚目は聴きこむほどに挑戦や実験が見えてくる面白いアルバムだと思います (`°ω°´)
以前ブログでも取り上げてますので、読んでもらえると嬉しいです (*´∀`*)
 



参考、関連サイト