読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Wes Montgomery 「Full House」

こんにちは!かな子です。
今日はお友達とオムライス食べに行きましたよ (*´∀`*)
かな子が食べたオムライスは、ハンバーグが乗っていてなかなかのボリュームでした (ΦωΦ)
いや待て、昨日はミスドで 3 つ食べてカロリーに気をつけるとか言って・・
じゃあ明日から本気出します・・ ಠ_ಠ


Wes Montgomery 「Full House」

今回かな子がお父さんのレコード棚から持ち出してきたのは、ウェス・モンゴメリーの「Full House」です!
ジャケットは、これだけでウェスのアルバムだとわかる素晴らしい写真だと思います (*゚▽゚*) でもこの L-5 はあくまでも宣伝用で実際の演奏には使用していないらしいです ( ´ー`)

Full House Wes Montgomery

Full House Wes Montgomery

 

ウェスのギターのフレーズやエキサイティングなサウンドを堪能できる 1962 年の作品

かな子、以前はジャズ・ギターの音ってガッツの無いモコモコした音って思ってました (*´ω`*) 認識を改めるきっかけが何だったのか覚えてませんが、今はとても好きです。

このアルバムはジャズの演奏の即興性を記録した重要な作品だと思います。熱いところもリラックスしたところも余さず記録されている感じですね (*´∀`*)

参加メンバーは以下のようになってますよ ( ´ー`)

Wes Montgomery – guitar
Johnny Griffin – tenor sax
Wynton Kelly – piano
Paul Chambers – bass
Jimmy Cobb – drums


Spotify にもありますので、リスト追加済みです (*´∀`*) 2 月はこのアルバムが最後ですね!



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Full House
02. I've Grown Accustomed to Her Face
03. Blue 'n' Boogie
04. Come Rain or Come Shine
05. S.O.S.
06. Born To Be Blue

  • 01. Full House

    軽快なヴァースとキャッチーなサビのキメが良いですね。ジョニー・グリフィンのソロも長めですが手加減なしにしっかりと聴かせます (*゚▽゚*) 9 分ちょっとある演奏なんですが、これは飽きませんね ( ´ー`)

  • 02. I've Grown Accustomed to Her Face

    やっぱりウェスモンゴメリー、猛烈に巧いですね ( ´△`) わりと少ない音数で静かに歌い上げる感じです (*゚▽゚*) ジミー・コブのブラシも素晴らしいです!

  • 03. Blue 'n' Boogie

    一転してこの曲だと全員が熱い感じで演奏してます。ギターの音色、いいですね。シングル・ノートから始めてオクターブ奏法といういつものパターンなんですが、やっぱりかっこいいですよ (*´ω`*) ピアノとサックスのソロもとっても良い感じで、聴いていて楽しくなります (*^▽^*)

  • 04. Come Rain or Come Shine
    リラックスした雰囲気だけど落ち着きすぎずに演奏していて、安心して聴ける印象ですね (*゚▽゚*) ここでもウェスとジョニー・グリフィンの音色の良さは際立ってます。非常に良いと思います!あとは繰り返しになりますがウェスのオクターブ奏法ね・・お約束の芸みたいなとこもあるけど、やっぱりかっこいいです (๑>◡<๑)
  • 05. S.O.S.
    この曲は何と言っても繰り返されるキメがかっこいいですよ (`°ω°´) あとはこれ、最初は完全にジョニー・グリフィン曲ですね(笑)いい音で吹きまくってます (*゚▽゚*) 中盤にさしかかってからウェスも目立つ感じです。
  • 06. Born To Be Blue
    この曲にはジョニー・グリフィンは参加してませんけど、そのぶんウェスがシングル・トーン弾きまくりです (*゚▽゚*) ウィントン・ケリーのわりとつまらないピアノ・ソロ(個人の見解です)のあとでまたウェスが出てきてオクターブ奏法で盛り上げて終了、という感じです!

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

John Scofield 「Country For Old Men」 

COUNTRY FOR OLD MEN

COUNTRY FOR OLD MEN

 

分類としては同じジャズ・ギターでしょうけど、まあ特には似てません(笑)特にこのアルバムは George Jones や Dolly Parton や Merle Haggard や Hank Williamsといったカントリーの人たちのオマージュとのことなので、全然です(笑)でも面白いアルバムでしたよ (*゚▽゚*)



参考、関連サイト