読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Mahogany Rush 「Live」

Mahogany Rush Frank Marino

こんにちは!かな子です。
7-11 で見つけたミルクレアっていうクレーム・ブリュレ風のアイス、おいしかったです ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
中のアイスがちょっぴりモチモチしてて良いです!
ちなみに 31 のアイスだとホッピングシャワーっていうのが最近は大好きです!


Mahogany Rush 「Live」

ここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんのレコード棚から持ち出してきたのは、マホガニー・ラッシュの「Live」です! 
ジャケットは、変な写真や絵にするよりはよっぽど良いと思います (ΦωΦ) 

Live

Live

 

ギターのフランク・マリノ率いるカナダのトリオ・バンドの、1978 年リリースのライヴ盤 

フランク・マリノ氏の伝説はいかにもロック気取りのろくでなしという感じで凄いですよ ಠ_ಠ 

  1. ドラッグへの憧れから初めて手を出したときにいきなり病院に担ぎ込まれていたようです
  2. その後もしつこくドラッグをキメては入院を繰り返したようです
  3.  3 度目の入院のときにママが持ってきたギターを弾き始めたようです
  4. ちょうどその頃ジミ・ヘンドリクスが亡くなったようです
  5. ヘンドリクスの魂が乗り移ったようです
  6. ようやくドラッグが自分の体には合わないことを悟ったようです
  7. でも何故かドラッグ体験を音楽で表現しようと心に誓ったようです

なかなか スリーピースとは思えない厚みを感じさせるシーンもあって、特にギターは何台もエフェクターを繋いで作ってるなーっていう多彩な音も出しますよ (*´∀`*) そのせいで抜けが悪いのか、録音のせいなのかでよくわからない場面もありますけど >< リズム隊もわりとテクニックがあるというか、安定した感じですね!

かな子の聴いた音源が古いのか、ちょっとこもってるというか分離が悪くて、それで損しちゃってる部分は否めない気がしますよ ಠ_ಠ 今度再発されるやつはリマスターみたいなので、良い方向に変わると良いですね!

Spotify のプレイリストも更新済みです! (人´∀`).☆.。.:*・゚
 



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Introduction
02. The Answer
03. Dragonfly
04. I'm A King Bee
05. (Excerpt From 'Back Door Man')
06. A New Rock & Roll
07. Johnny B. Goode
08. Talkin' 'Bout A Feelin'
09. (Excerpt From 'Who Do Ya Love')
10. Electric Reflections Of War
11. The World Anthem
12. Purple Haze 

  • 01. Introduction
    イントロですね・・ただのシンセの謎 SE とバンドの紹介です。
  • 02. The Answer
    元気なドラムとベースで暑苦しい歌が始まる感じです ( ´△`) リズム隊は悪くないですね!でもギターはしばらくは「なんかやってる」くらいの感じです・・録音の問題もありますから、誰が悪いということでもないのでしょうけどね (*´ω`*) でも最初は調子出なかったのか、終盤にいくにつれて良い感じになってきますよ (*´∀`*) そういうとこも含めてライヴですね。
  • 03. Dragonfly

    これはギターもいい感じのリフですね (*⁰▿⁰*) ギター・ソロはまあ普通ですが随分リバーブかかってる感じ?ボーカルも普通です。このバンドとしては渋めの曲ということになるのかな? 普通の曲だと尚更に録音の微妙さが目立ちますねー。

  • 04. I'm A King Bee
    突然のギター・アピール・タイムの後はシャッフル系のブルースです。ボーカルの暑苦しさが復活してますけど、暑苦しいブルースなので問題なしです (*´ω`*) しかしフランク・マリノ、ブルースだと本気出すんですね ( ´△`) とてもいい感じですよ!
  • 05. (Excerpt From 'Back Door Man')
    "Back Door Man" はドアーズのバージョンも凄いかっこいいですよね (´∀`*) 以前「バック・ドア・マンって何?」って思って調べたら、案の定ロクでもない意味でかえって安心しました(笑)ブルースの「~マン」って大抵最低な意味なんじゃないでしょうかね・・ ( ´△`)
  • 06. A New Rock & Roll

    控えめに言うと普通です。正直に言うと、ただのやかましいロックン・ロール曲です (ΦωΦ) でも 2 曲目を最後に目立ってなかったベースがまた少し前に出てきてますよー。

  • 07. Johnny B. Goode

    またしてもギターアピールです ( ´△`) いちいちギターソロ弾かれるとさすがにアレですね ( ´△`) ハード・ロック的感性だとかっこよくて盛り上がるところだと思いますが、かな子的には微妙です(個人の見解です)その後何を弾くのかと思えば "Johnny B. Goode" です。こういうカバーを入れてくるのはライヴのサービスみたいなとこもあるのでしょうね。速めのテンポでギター弾きまくりアレンジという感じですね (*^▽^*) 好きな人にはたまらないのではないでしょうか!

  • 08. Talkin' 'Bout A Feelin'

    実はこのアルバムが良い内容になるのはこの辺からじゃないかという気がしますねー。こういう曲で聴いてみると、確かにヘンドリクス風味なとこがありますね。終盤のファンク・ブギーみたいなパートは特に良いですね。なんならこれで 1 曲作ったほうが・・と思ってたらそのまま次の曲に突入します (*゚▽゚*)

  • 09. (Excerpt From 'Who Do Ya Love')
    08 からそのまま突入してくる曲で、このまま 1 曲演ってくれるのかと思ったら 1 分くらいで謎のギター弾きまくりタイムになります・・かな子的にはがっかりです ><
  • 10. Electric Reflections Of War
    同じギター弾きまくりなら、この曲のほうがずっとかっこいいと思います!速弾きは無いけどフィードバックがあって、ドラム・ソロもついてきます (*´∀`*)
  • 11. The World Anthem

    かっこいい曲ですよね!ロックのインストゥルメンタル曲としても代表曲と言っても良いのではないでしょうかね (*゚▽゚*) 堂々としていながら美しいメロディで素晴らしいと思います。日本でも X Japan がカバーしてますね (*´∀`*) たしかに日本人好みのとこがある曲だと思いますー。

  • 12. Purple Haze 

    なんとなく唐突な気もしないでもないのですが(笑)、最後はジミ・ヘンドリクスの "Purple Haze" です。ヘンドリクス・フォロワーらしい演奏で、なるほど似てる・・そしてここまでで一番良いギターを弾いています (*゚▽゚*)

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

The Jimi Hendrix Experience 「Axis: Bold As Love」

アクシス・ボールド・アズ・ラヴ

アクシス・ボールド・アズ・ラヴ

 
How to Play the Jimi Hendrix Experience's Axis: Bold As Love: The Complete Guitar DVD (Guitar World)

How to Play the Jimi Hendrix Experience's Axis: Bold As Love: The Complete Guitar DVD (Guitar World)

 

ひょっとすると地味なアルバムかもしれないですが、聴きこむほどに挑戦というか実験というか、そういった部分が見えてきます。面白いアルバムだと思います (`°ω°´) 



参考、関連サイト