読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Miles Davis 「E.S.P.」

こんにちは!かな子です。
今回のレビューを作成するにあたって実験的に、レビューするアルバムを Twitter の投票で決める、ということをやってみました (*゚▽゚*)

候補と結果は以下のようになりました。

  1. Miles Davis 「E.S.P.」(37%)
  2. John Lee Hooker「Whiskey and Wimmen John Lee Hookers Finest」(35%)
  3. 坂本 龍一 「async」(15%)
  4. John Mayer 「The Search For Everything」(13%)

最後までジョン・リー・フッカーとマイルス・デイヴィスが争っていたのですが、マイルスが勝ったという・・。

日頃からブルースを取り上げてもお客さんが来ないかな子のブログ的には「ですよねー」って感想でした(笑)たぶんプログレを 1 枚入れてたらぶっちぎりで 1 位だった気がします ಠ_ಠ


Miles Davis 「E.S.P.」

それではお歌のお時間です。
今回かな子がお父さん在庫から持ち出してきたのは、マイルス・デイヴィスの「E.S.P.」です! 
ジャケットは、この女性はマイルスの当時の奥様らしいですね。そして、このアルバムから程なくして別れたみたいなんですが (ΦωΦ)

E.S.P.

E.S.P.

 

1965 年録音の、 第二期黄金クインテットでの初レコーディング

とにかくこのメンバーだと演奏面でも作曲面でもハイレベルですからねー。ひょっとしてこういう組み合わせだとスタジオで実験しつつ録音するという方法が一番能力を発揮できるのかもしれないなあと思いました (*´∀`*)


ちなみにこの時期はジョン・コルトレーン先生なんかがフリー・ジャズを爆発させていた頃らしいのですが、マイルス・デイヴィスはその流れとは距離を置きつつ自分の表現を模索し追求していたみたいですねー (*゚▽゚*)

なお、録音メンバーはこのようになってますよ。 

Miles Davis – trumpet
Wayne Shorter – tenor saxophone
Herbie Hancock – piano
Ron Carter – double bass
Tony Williams – drums

Spotify のプレイリストもあわせて更新しましたー ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
 



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. E.S.P.
02. Eighty-One
03. Little One
04. R.J.
05. Agitation
06. Iris
07. Mood

  • 01. E.S.P.
    アルバムの最初の曲はウェイン・ショーターの作品です。いきなり新入りのショーターの曲ですから、認められていたのか期待されていたのか、ショーターにしてみたら凄いプレッシャーだったのかもしれませんねー。とはいっても基本的に短いテーマで、後はそれぞれのテンションの高い演奏がどかーんとぶちかまされる感じの曲です (*゚▽゚*) かな子的にはトニー・ウィリアムスのライドがひたすらにかっこいい曲です!
  • 02. Eighty-One
    ハービー・ハンコックの伴奏が妙に印象的な曲です (*゚▽゚*) マイルスにとって初の 8 ビートらしいですよー。とはいえ途中でリズム・チェンジがあって、それもまた良い変化になってます。なにせリズム隊はロン・カーターとトニー・ウィリアムスですものね、自由自在に表情を変えますよ (*˘︶˘*).。.:*♡
  • 03. Little One
    この曲はハービー・ハンコックの作品です。実は彼のソロ・アルバムの「Maiden Voyage」にも収録されてますから違いを確認するのも良いと思いますよ (*゚▽゚*) このアルバムのバージョンはわりと落ち着いていて不穏一歩手前で止めている感じの計算高い演奏だと思います(笑)
  • 04. R.J.
    この曲はロン・カーターの作品です。作曲者のためか、ベースがとても良い感じに響いている曲だと思います (*˘︶˘*).。.:*♡
  • 05. Agitation
    トニー・ウィリアムスのかっこいいドラム・ソロで始まる曲です!さらにその後に聴こえてくるのがマイルスの抑えたミュートのソロというところがまたかっこいいです (*゚▽゚*) このソロも妙な緊張感のある伴奏の中で次第に張り詰めた感じになっていくのもかっこいいですー。
  • 06. Iris
    この美しいバラードはウェイン・ショーターの作品です・・さすがですね (`°ω°´) でもショーターのメロディ自体はいつもぐねぐねしてて独特ですよね。マイルスの演奏もいかにもマイルスなビタースウィートな感じ・・とでも言ったらいいでしょうかね・・あとはハンコックのピアノの響きも素敵です。
  • 07. Mood
    これまた冒頭からのマイルスのミュート・トランペットがとてもかっこいい曲です (*゚▽゚*) ショーターのソロも、サックスなのでミュートは無いですが、演奏の方向性はマイルスと似ているように感じました。全体的に空間を活かした、静かと言っても良いような、じんわりと味わう感じの演奏です!とりわけ最後のブラシとベースだけの演奏になって消え行くところとかは印象深いです (*´∀`*)

     

f:id:kanarev:20161202095658g:plain

Miles Davis 「Dark Magus」

Dark Magus: Live At Carnegie Hall [2-CD SET]

Dark Magus: Live At Carnegie Hall [2-CD SET]

 
Dark Magus: The Jekyll And Hyde Life of Miles Davis

Dark Magus: The Jekyll And Hyde Life of Miles Davis

 

極めて狂暴でへヴィーな暗黒のエレクトリック・マイルスのライヴ盤です (*´∀`*)
マイルスのトランペットはもうトランペットではあるのだけど凄い音で、ギターでも出せるような、なんならギターがトランペットの代わりやってるような、そんな音すら出してたりします (`°ω°´)
こういうどの楽器が鳴ってるのかもわからないような混沌を目指したのかな?って気もしてきました・・ヾ(*´∀`*)ノ 

 



参考、関連サイト