読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなこれ - かな子のレビュー! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!たまには音楽以外のものも書きます!

Allan Holdsworth 「Road Games」

こんにちは!かな子です。
今日は風もそんなに冷たくなくて、わりと穏やかなお天気で、外を歩いてても春らしさを感じました  (´~`)
でも明日はもうお天気悪そうなんです ~_(._.)_
空気が冷たいのは嫌いなのですが、冷たい食べ物は大好物です (*´∀`*)
今日は大きくて濃いアポロが売っていたので買って来ましたよー。
食べる前にキンキンに冷やさなきゃ (///∇///)


Allan Holdsworth 「Road Games」

それではお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出してきたのは、アラン・ホールズワースの「Road Games」です!
ジャケットは、ギターの指板を半端なキュビズム風味で味付けした感じ・・?よくわからないしイマイチですね ಠ_ಠ 

ロード・ゲームス

ロード・ゲームス

 

アラン・ホールズワースが広く世に知られるようになるきっかけとなった 1983 年の作品 

「I.O.U.」のときも思いましたけど、やっぱり独特すぎて変ですね(笑) 音色自体がなかなかギターに聴こえないときすらあって、やっぱりホーンとかシンセみたいな感覚で弾いてるのかな・・と思わされる場面が多かったです (ΦωΦ)

Spotify のプレイリストも更新しましたよー ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



f:id:kanarev:20161202095701g:plain

01. Three Sheets to the Wind
02. Road Games
03. Water on the Brain Pt. II
04. Tokyo Dream
05. Was There?
06. Material Real

  • 01. Three Sheets to the Wind
    1 曲目なので、おそらく意識したのだと思いますが、わりと聴きやすい感じはします (*゚▽゚*) まあいつものように変拍子なんですけど(笑)ギター・ソロも例によって意味不明なフレーズをバリバリ弾くのですが、適度に歌わせる部分もちゃんと入れていて、そういった部分からも多少なりともキャッチーな印象を与えてくるのでしょうねー。あとは、わりとベースが目立つ曲かもしれませんね。そんなに空間のある曲ではないのですが、うまく入り込んで演奏しているイメージです。
  • 02. Road Games
    これはあるまじき、と言っても過言ではないシンプルさと派手さですねー。こういう曲も演るんだなあという感じです (*゚▽゚*) 結構タッピングを使ってますよね、これ?エディ・ヴァン・ヘイレンに拾われたのってこの頃なのかな?ちょっと時系列がわからず・・。
  • 03. Water on the Brain Pt. II
    パート 1 が見当たらない・・ということより奇妙なフレーズとリズムのほうが気になりますねー (*´∀`*) そしてなんでしょうこのベースのフィーチャーっぷり(笑)わりとあっけにとられてる間に曲が終わってる印象です!
  • 04. Tokyo Dream
    あらまこういう綺麗めのメロディも書けるんですよ・・って思っちゃいました (*´∀`*) ファンの方々には有名で人気もある曲のようですが、かな子には気の抜けたフュージョンの一種くらいにしか・・(個人の見解です) なんにせよ今の耳にはちょっと古いかもですね・・ (ΦωΦ)
  • 05. Was There?
    これまた妙に目まぐるしく変化する曲調ですねー。録音のせいなのか時代のせいなのか、ドラムがパタパタしてるようにしか聴こえなくてちょっと可哀想ですね ಠ_ಠ でもギター・ソロは良い意味でこの曲に似つかわしくないかっこ良さなのがまた意味不明です(笑)この曲は現在の耳と技術でリマスターしたら化けるような気がしないでもないです (*´∀`*)
  • 06. Material Real
    ボリューム奏法から幻想的な感じで始まり、わりと唐突にボーカルが入ってくるオープニングです・・ (*´∀`*) メロディは美しいんだか分かりにくいんだか微妙な感じですけど、悪くはないです。ギター・ソロは短めでシンプルなんですが、かえってそれがかっこいい感じの演奏になってます! 


f:id:kanarev:20161202095658g:plain

Allan Holdsworth 「I.O.U.」

I.O.U. (Remastered)

I.O.U. (Remastered)

 

この「i.o.u.」はわりとバラエティに富んでいるようですがどの曲も妙な変拍子とメロディが強烈で、そういった変な統一感のほうが勝ってしまっているとは思います ಠ_ಠ 

 

参考、関連サイト